東郷茂彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東郷 茂彦(とうごう しげひこ、1945年1月10日 - )は日本の新聞記者

疎開先の長野県軽井沢町の別荘で双子で生まれ、程なくして帰京。祖父東郷茂徳太平洋戦争開戦時及び終戦時の外務大臣。父東郷文彦は、戦後外務省事務次官駐米大使を務めた。双子の弟東郷和彦は、元駐オランダ大使・外務省欧亜局長であった(2002年に辞任退職)。

経歴[編集]

父、文彦が外交官だった為、学習院初等科在学中、オランダに1年間、スイスに2年間在住、語学堪能なのは、この頃、身に付けたもの。帰国後、学習院中等科、東京都立日比谷高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。1969年朝日新聞社に入社した。しかし、朝日新聞名古屋支局で愛知県警詰めキャップも経験し、東京本社に戻って政治部に配属され首相の番記者として期待されていたばかりだった1976年5月の昼間、衆議院本館の一階から三階までの階段で国会見学に来ていた神奈川県の小学生たちに後ろから近づきスカートをめくって触るわいせつ事件をおこした。さらに、二週間ほど前にも同じ場所で同じような事件をしたと認めたが父親の詫び状によって起訴はされなかった。事件の翌々日に妻と二人の息子もいたが、朝日新聞を依願退職した同年にワシントン・ポスト紙の記者に転じ活動した。

海外誌であるワシントンポストで記事を日本に逆輸入させてマスコミの報道を変えることで、その後の選挙結果や報道を大きく変動させた。1988年に絵本『ちびくろサンボ』の絶版のきっかけとなる日本での黒人の取り扱いの記事を書いた。更に1989年の組閣後に鳥越俊太郎が書いた宇野宗佑首相に関する女性問題は当初は国内では問題視されなかったが、東郷がワシントンポストの記事がマスコミに紹介されたことで批判報道一色にして参議院選挙で敗北させた。鳥越と共に不倫など政治家の異性に関することもその後の日本の政界では問題視される風潮の発端をつくった。 1993年には日本のメディアが報道自粛協定を結んでいたのに、小和田雅子が皇太子妃に決定したことを協定無視で報道した「スクープ記事」で記者として名が知られるようになった[1][2]

不祥事[編集]

2001年11月13日午後4半時ごろ地下鉄千代田線車内で痴漢事件をおこした。東郷は「女子高生が可愛かったのでついやってしまった。」、「実はこれまでにも九回くらい、電車内で痴漢をしたことがある。」と白状した。捜査関係者も「常習者だから起訴された。被害者は全員若い女性だ。」と話している[3][4]

人物[編集]

著作[編集]

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ [1],nそだちがいいと言っても皆人間
  2. ^ [2],雅子さま婚約スクープの変態痴漢記者逮捕元外相の孫…逮捕9回、スカートめくりも
  3. ^ [3]
  4. ^ [4],雅子さま婚約スクープの変態痴漢記者逮捕元外相の孫…逮捕9回、スカートめくりも
  5. ^ 筒井功『新・忘れられた日本人』p.212