岡田時太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おかだ ときたろう
岡田 時太郎
生誕 1859年9月13日
(旧暦安政6年8月17日)
肥前国唐津(現・佐賀県唐津市
死没 (1926-06-05) 1926年6月5日(66歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 大坂境造幣寮付属日進学校
職業 建築家
所属 岡田工務所
建築物 シャトーカミヤ
旧三笠ホテル

岡田 時太郎(おかだ ときたろう、1859年9月13日安政6年8月17日) - 1926年大正15年)6月5日)は、日本の建築家。同郷でもある辰野金吾の門下生で[1]茨城県牛久市にあるシャトーカミヤ[2][3]や、長野県軽井沢町旧三笠ホテル[4][5](いずれも国の重要文化財)の設計を手がけた。

経歴[編集]

シャトーカミヤ本館(事務室)
旧三笠ホテル

唐津藩下に、辰野金吾生家のすぐ近くで生まれ育つ[4]1872年明治5年)、唐津藩が設置した英語学校である耐恒寮に入学した[4]

1874年12月に大阪の英学校へ進学、翌1875年3月に造幣寮附属日進学校に入学した。1877年に卒業すると、造幣局(この年1月11日に造幣寮より改称)に入官し、文書課貯蔵掛に等外四等の身分で配属された。1879年2月に造幣局を依頼免職し、官設鉄道(当時は工部省鉄道局)の試験に合格、工技生になる。同年5月、汽車係(機関士)のイギリス人ヘンリー・フォスターに付く汽車火焚運転技術見習い(機関助士)となった。

1880年、大阪梅田停車場建築課の所属となり、近畿地方の官設鉄道土木工事に携わることになった。1882年、長谷川謹介が率いる柳ヶ瀬トンネル建設に従事する。トンネルが竣工すると、敦賀金ヶ崎駅建築課の所属となった。1885年、神戸駅建築課に所属。この年、淀川洪水が起きた際には被災地に出向いて、線路修繕掛ポーナルの指揮に従った。10月2日に官設鉄道を依願退職する。上京し、11月14日に東京大学の雇員となり、山口半六のもとで化学実験場の新築工事に従事した[4]。1886年2月19日、辰野金吾建築事務所に入所。『工学博士辰野金吾伝』(1926年)によると、化学実験場の建設現場で、隣接する工科大学の建設に携わっていた辰野と再会し、「俺の方に加勢に来ぬか」と招かれたという[4]。3月11日には文部省会計局化学実験場新築担任兼帝国大学工科大学建築掛となる。

1888年8月、日本銀行本店の建築調査に渡欧する辰野金吾に同行して日本を出発。12月にロンドン大学造家学科に聴講生として入学した。土木建築請負会社ウィルヤム・キュービットに入り工事の研修を受ける。1889年6月、ロンドン大学造家学科を終了し、同年10月帰国した。

帰国後の1890年に日本銀行本店の建築技師となる。1895年に竣工した後は、岡山市共立絹糸紡績工場(1896 - 1897年)、小名木川綿布会社、小山駅(いずれも1897年)等の建設に関わる。1898年には帝国図書館(現・国際子ども図書館、1903年竣工)、帝国大学歯科大学学院内科外科教室及び病室の改築に携わる。

1899年2月、自身の事務所である岡田工務所を創設する。1900年に、文部省総務局建築課付きとして高等師範学校の改築に関わり、1903年にシャトーカミヤ、1905年に軽井沢の三笠ホテルを手がけている[4][5]。岡田は日露戦争中に満州軍倉庫嘱託を務めたことがあり、1906年に日本の租借地であった関東州大連市に拠点をおいた。1908年に辰野金吾、曽禰達蔵の推薦[6]により建築学会正会員へ入会した。1914年(大正3年)東京市芝区へ拠点を戻し、大正5年に大連へ移している[7]。 大連においては大連牛乳株式会社取締役、東洋石材株式会社取締役、大連土木建築株式会社社長、関東木材株式会社社長、大連澱粉株式会社取締役、庶民銀行の理事を務めた。1926年6月5日、死去[4]

栄典[編集]

  • 1908年(明治41年)4月:明治三十七八年従軍紀章

主な作品[編集]

設計[編集]

 建造物名 現況 所在地 指定 備考
/第三国立銀行松江支店 現:かげやま呉服店 1902年(明治35年) 32島根県松江市
/旧牛久醸造場 事務室 (本館)・発酵室・貯蔵庫 現:シャトーカミヤ 1903年(明治36年) 08茨城県牛久市 重要文化財
/旧三笠ホテル 1905年(明治38年) 20長野県軽井沢町 重要文化財

現場監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 辰野金吾 - 唐津市(旧唐津銀行展示解説シート)
  2. ^ シャトーカミヤについて - オエノンホールディングス
  3. ^ 以下の人物についてわかる資料はないか - レファレンス共同データベース
  4. ^ a b c d e f g 岡田時太郎 唐津が生んだもう一人の建築家 - 洋々閣(『東京駅の建築家 辰野金吾伝』の引用を含む)
  5. ^ a b 旧三笠ホテル - 文化遺産オンライン
  6. ^ 建築雑誌 1908年
  7. ^ 建築雑誌 1914年

参考文献[編集]

  • 白鳥省吾(編)『工学博士辰野金吾伝』辰野葛西事務所、1926年
  • 工学博士長谷川謹介伝 長谷川博士伝編纂会 1937年
  • 建築雑誌 1908年

関連文献[編集]

  • 東秀紀『東京駅の建築家 辰野金吾伝』講談社、2002年
  • 中野茂夫『シャトーカミヤの建設経緯と建築的特徴』日本建築学会、2008年
  • 日本の大学キャンパス成立史 九州大学出版会, 1989年