碓氷第三橋梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
碓氷第三橋梁 2010年撮影
1997年撮影
碓氷第三橋梁上。アプトの道

碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)は、群馬県安中市松井田町にある鉄道橋。一般には「めがね橋」という名称で知られている。

概要[編集]

碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋で、碓氷峠の代表的な建造物である。国鉄信越本線横川駅 - 軽井沢駅間の橋梁の一つで、同区間がアプト式鉄道時代に使われた。設計者は、1882年鉄道作業局技師長としてイギリスから日本に招聘されたイギリス人技師のパウナル (Charles Assheton Whately Pownall)[1]と古川晴一。

1891年着工。高崎駅直江津駅を結ぶ路線(後の信越本線)のうち、上述の区間だけが未開通だったため急ピッチで工事が進められ、1893年に竣工した。

もっとも開業直後から強度不足による変形が指摘され、これに伴い翌1894年に耐震補強名目で橋脚・アーチ部の双方に対する大掛かりな補強工事が実施された。

その後は信越本線の電化を経て1963年に新線が建設され、アプト式鉄道が廃止されるまで使用された。全長91m、川底からの高さ31m、使用された煉瓦は約200万個に及ぶ。現存する煉瓦造りの橋の中では国内最大規模であり、1993年には「碓氷峠鉄道施設」として、他の 4 つの橋梁等とともに日本で初めて重要文化財に指定された。現在は横川駅からこの橋までの旧線跡が遊歩道「アプトの道」になり、橋上の手すりや国道18号へ通じる階段などが整備されている。また、2012年3月に碓氷第三橋梁~旧熊ノ平駅間1.2kmの延伸工事が完成し、4月1日から横川~熊ノ平間、全長5.9kmとなった。

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産への登録を目指し、2007年6月に暫定リスト入りをした。しかし、落書きがレンガの橋脚に彫り込まれるいたずらが多発しており、関係者は、対応に苦慮している[2]

アクセス[編集]

  • JR 横川駅よりJRバス関東(碓氷旧道めがね橋経由)軽井沢駅行き 約13分・「めがね橋」バス停下車。※季節運行につき運転日に注意

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作錬式鈑桁(鉄道作業局錬鉄式鈑桁)と呼ばれる規格化設計に基づくプレート・ガーダー桁の設計などで知られる。
  2. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度21分29秒 東経138度41分54秒