北村英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北村 英治
生誕 (1929-04-08) 1929年4月8日(88歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ジャズ
担当楽器 クラリネット
活動期間 1951年 - 現在
レーベル コンコード・レコード
公式サイト http://eijikitamura.com/

北村 英治(きたむら えいじ、1929年4月8日 - )は、東京府出身のジャズクラリネット奏者。

人物・来歴[編集]

慶應義塾大学在学中にクラリネットを学ぶ。22歳でプロデビュー。30歳の時、憧れだったベニー・グッドマンが来日した際には彼の目の前で演奏し、賞賛を受けたこともある。

テディ・ウィルソン、北村英治の共同リーダー作アルバム『君去りし後(After You've Gone)』(Art Union, 1970)、『テディ・ウィルソン + 北村英治 Vol. 3』(AMJ, 1971)、『Live Session』(Century, 1972)、『Keep On Swingin' 』(GML, 1973)がある。

1983年にスコット・ハミルトン『In Concert』(Concord)の録音に参加した。

その後、50歳を過ぎてからクラシックの要素を取り入れた演奏も行なうようになる。そのために後輩にあたる村井祐児に弟子入りし、クラシックにおけるクラリネットの演奏法を学んだことで音楽の幅が広がった。

その後も日本のジャズクラリネットの草分け的存在として、欧米のジャズフェスティバルにも招待されるなど、幅広い活躍をしている。80歳を越えた高齢ではあるが、現在でもライブハウスでのセッションを精力的にこなしている。

ジャズの作曲も手がけており、「五月によせて」などの作品がある。

2007年4月旭日小綬章受章。

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]