宮之上貴昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮之上貴昭(みやのうえ よしあき、1953年 - )は東京都世田谷区出身のジャズギタリスト

略歴[編集]

  • 米軍横田基地の中の「N・C・O」クラブで、 ジョー・デイビス(org)、ジェリー・エディ(ds)のトリオ「ニュー・グループ」 で3年間演奏する。 同時に自己のバンドで都内のライブハウス等に出演していたが、1977年に渡米。
  • ニューヨークで武者修業の後帰国し、折からビル・エバンス(p)トリオで来日中だった今は亡き天才ドラマーフィリー・ジョー・ジョーンズをゲストに、〈ソング・フォー・ウェス〉(キングレコード)をリリースし、メジャーデビューとなる。 これを機に毎年次々にリーダー・アルバムを発表。とりわけオルガンの第一人者、ジミー・スミスをゲストに加えた〈タッチ・オブ・ラブ〉(バップレコード)や、「日本ジャズ100選」にもなったライブ録音の〈ウェス・モンゴメリーに捧ぐ〉(キングレコード)、ストリングスオーケストラを加えてイージー・リスニングに仕立てた〈フォクシー・アイズ〉(東芝EMI)、 また、アンディ・シンプキンス(b)プロデュースによる初の海外録音、〈L.A.コネクション〉も話題となった。
  • 現在でも自己のグループを率いて都内のライブハウスや全国でのコンサートテレビラジオの出演をはじめ、海外のジャズ・フェスティバルやコンサートで演奏活動を続けている。
  • 海外のジャズフェスティバルやライブについては、1988年に自己のバンドでインドのジャズフェスティバル「JAZZ YATORA」を皮切りに、2000年からほぼ毎年ハワイのライブやコンサートツアー、北村英治(cl)バンドの一員として1992年からカリフォルニア・モンタレー・ジャズフェスティバルやオーストラリア・クイーンズランドのジャズフェスティバル、自己のバンドでカリフォルニア・サンノゼ・ジャズフェスティバル、また2013年にはパリでのライブなどで演奏している。

人物[編集]

  • ピックを一切用いず、親指を中心とする独特の宮之上の奏法は、ウェス・モンゴメリーの流れの中にあってさらに発展させ、着々と自己のスタイルを確立している。
  • 比類のないテクニック、歌心とその音楽性に、全国の熱狂的な信奉者は数多く、ジャズ誌の読者人気投票ギター部門では30年以上、常にトップクラスにランクされている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • "What's happened? Miya"(ALM コジマ録音、1978年)
  • "Song For Wes"(キングレコード、1979年)
  • "Mellow Around"(キングレコード、1980年)
  • "Riviera"日本コロムビア、1981年)
  • "Touch Of Love"(バップレコード、1981年)
  • "Nathalie"(バップレコード、1983年)
  • "Dedicated To Wes Montgomery"(キングレコード、1985年)
  • "Foxy Eyes"東芝EMI、1988年)
  • "Smokin'"(キングレコード、1991年)
  • "Dedicated To Wes Montgomery (CD)"(キングレコード、1993年)
  • "The Thumb"(キングレコード、1995年)
  • "L.A. Connection"(キングレコード、1997年)
  • "Me, Myself & I"(キングレコード、1999年)
  • "Live"(SFCレコード、2000年)
  • "Live At The Kitty Kitty Brown"(SFCレコード、2002年)
  • "Jazz Guitar Performance(DVD)"(B-2、2004年)
  • "Spirits"(SFCレコード、2006年)
  • "Sunset Street" (SFCレコード、2008年)
  • "Summertime" (YPMレーベル、2010年)
  • "I Remember Wes" (YPMレーベル、2011年)
  • "Live in Mexico" (Mock Hillレコード、2014年)
  • "Reflection"(SFCレコード、2015年)

双頭作品[編集]

  • "Eiji Meets Smokin' With 北村英治(cl) "(イエローキャブ、1996年)
  • "Yoshiaki!! With 岡安芳明(g)"キングレコード、1996年)
  • Sweet & Lovely With 熱田修二(tp)"(ATUTA Planning、2000年)
  • "Delivery With 北村英治(cl)"(JAZZ COOK、2000年)
  • "Autumn Nocturne With 伊藤潮(b)"(WOODY CREEK、2001年)

宮之上貴昭プロデュース作品[編集]

  • Sweet & Lovely With 熱田修二(tp)"(ATUTA Planning、2000年)
  • Touch 宇多慶記(org)"(SFCレコード、2001年)
  • Illusion 伊藤実千代(voc)"(SFCレコード、2002年)
  • inspirasion 大野めぐみ(voc)"(SFCレコード、2003年)
  • nica nica(voc) with Yoshiaki Miyanoue "(YPMレコード、2008年)
  • Song for a sky 中溝ひろみ(voc)"(YPMレコード、2011年)

主な共演者[編集]

管楽器[編集]

鍵盤楽器[編集]

  • ジーン・ハリス(p)
  • ジミー・スミス(org)
  • Dr.ロニー・スミス(org)
  • フランク・コレット(p)
  • スミス・ドブソン(p)
  • ジェラルド・ウィギンズ(p)
  • ロジャー・キャラウェイ(p)

ベース[編集]

ドラムス[編集]

  • フィリー・ジョー・ジョーンズ
  • ジミー・ラブレイス
  • シャーマン・ファーガソン
  • ジェフ・ハミルトン
  • ジョー・ジョーンズJr
  • ロイ・マッカーディー
  • エディ・マーシャル
  • ハロルド・ジョーンズ

その他の楽器[編集]

  • ブルース・フォアマン(g)

外部リンク[編集]