ジーン・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジーン・ハリス
生誕 (1933-09-01) 1933年9月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州ベントン・ハーバー
死没 (2000-01-16) 2000年1月16日(66歳没)
ジャンル ソウル・ジャズ
担当楽器 ピアノ

ジーン・ハリスGene Harris, 1933年9月1日 ミシガン州ベントン・ハーバー – 2000年1月16日)はアメリカ合衆国ジャズピアニストブルースゴスペルとの混成によるソウル・ジャズのジャンルで活躍し、温かな音色のピアニストとして親しまれた。

略歴[編集]

9歳から独学でピアノを弾き始める。地元のバンドと初舞台を踏み、1951年から1954年まで米国軍楽隊で演奏した。
1956年に結成した「ザ・フォア・サウンズ(The Four Sounds)」を前身として、翌1957年にダブルベース奏者のアンディ・シンプキンスとドラマーのビル・ダウディとともに、ピアノ・トリオ「ザ・スリー・サウンズ」を結成した。ザ・スリー・サウンズは、当初はワシントンD.C.において活動したが、翌1958年の末にニューヨークに移った。この間ザ・スリー・サウンズは、定期的にブルーノート・レコードヴァーヴ・レコードに録音を行い[1]ナット・アダレイルー・ドナルドソンアニタ・オデイおよびスタンリー・タレンタインらのソリストをゲストに迎えてレコードを制作した。ハリスのソウル志向の楽曲もあって、ザ・スリー・サウンズはアーマッド・ジャマルの伝統に従っていた。しかしながらハリスは、エロル・ガーナーオスカー・ピーターソンの演奏様式にも影響を受けていた。

1970年代にハリスの音楽は、商業ベースでは普及したにもかかわらず、最早ほとんど評価されなくなった。この時期ザ・スリー・サウンズが演奏した楽曲は、かなりファンキーグルーヴィーなものばかりであり、従ってわずかな和音しか使っていない。
1970年代後半からは、アイダホ州ボイズにほとんど籠り切りだったが、地元のアイダンハ・ホテルでは定期的に演奏を行なった。
1980年代初頭にレイ・ブラウンの説得に応じて演奏界に復帰し、1985年にはブラウンのヨーロッパ・ツアーにも同行する。レイ・ブラウン・トリオと共演した後、2000年肝障害で歿するまで、自らのグループを率いてコンコード・レコードに定期的に録音を残した。この時期の録音は、ゴスペルブルースハードバップの混合した様式が認められる。

ハリスの最も人気のある演奏の一つは、アルバム『ライブ・アット・オッター・クレスト(Live at Otter Crest)』に収録された《リパブリック讃歌》(コンコード・レコード)である。

註釈[編集]

  1. ^ Bogdanov, Vladimir, et al. (2002) All Music Guide to Jazz, p. 558. Backbeat Books. ISBN 087930717X.

参考文献[編集]

  • Richard Cook & Brian Morton: The Penguin Guide To Jazz on CD. 6th Edition, Penguin, London 2002. ISBN 0-14-017949-6

外部リンク[編集]

音源[編集]