ルー・ドナルドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルー・ドナルドソン
Lou Donaldson
Lou Donaldson 2.jpg
マイク・ルドンの独奏を確認しているドナルドソン
基本情報
生誕 1926年11月1日(89歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ノースカロライナ州 バディン
ジャンル ビバップハード・バップジャズ・ブルースソウル・ジャズ
職業 バンドリーダー作曲家サクソフォン奏者
担当楽器 アルト・サクソフォン
活動期間 1952年 - (現役)
共同作業者 ミルト・ジャクソンクリフォード・ブラウンアート・ブレイキージミー・スミスロニー・スミス
公式サイト http://loudonaldson.com

ルー・ドナルドソンLou Donaldson, 1926年11月1日 – )は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォン奏者。ビバップハード・バップソウル・ジャズのジャンルで演奏している。

ソウルブルース寄りの演奏で知られるが、形成期には、多くのミュージシャンと同じくチャーリー・パーカーから大きな影響を受け、バップ寄りの演奏様式を採っていた[1]

経歴[編集]

ノースカロライナ州バディンに生まれる。1940年代初めにノースカロライナ州立農工大学(North Carolina Agricultural and Technical State University)に入学。第2次世界大戦海軍に従軍しシカゴで訓練を受けた際に、クラブでビバップを知る。戦後ノースカロライナ州グリーンズボロに戻り、海軍従軍経験のある州立農工大学の学生と「Rhythm Vets」というグループを組み音楽活動を開始。「Pitch a Boogie Woogie」と言う劇映画の音楽録音を担当。

ドナルドソン自身の最初の録音は、1950年のチャーリー・シングルトン・オーケストラと行ない[2]、その後1952年ミルト・ジャクソンセロニアス・モンクといったバップの使者とともに録音[3]1953年には、トランペットヴィルトゥオーソクリフォード・ブラウンやドラマーのフィリー・ジョー・ジョーンズとも録音を行なっている。トランペッターのブルー・ミッチェルやピアニストのホレス・シルヴァー、ドラマーの アート・ブレイキーといった錚々たる顔触れのジャズ・ミュージシャンを率いて、いくつかの小編成のグループを組んだ[1]。アート・ブレイキー・クィンテットのメンバーとして、同グループの最も名高いアルバム『バードランドの夜 Vol.1』の録音にも加わっている。

ドナルドソンはビバップハード・バップソウル・ジャズのジャンルで録音を行なった。長年にわたってパートナーのピアニストはハーマン・フォスターが務めた。2012年10月にノースカロライナ音楽の殿堂入りし、2012年にはNEA(National Endowment for the Arts)からアメリカ合衆国におけるジャズ界の最高栄誉とされる2013年NEAジャズ・マスターを受賞[4]

ディスコグラフィ[編集]

リーダーとしてのアルバム[編集]

  • 1952年: Quartet/Quintet/Sextet
  • 1957年: Wailing with Lou
  • 1957年: Swing and Soul
  • 1957年: Jimmy Smith Trio + LD
  • 1957年: Lou Takes Off
  • 1958年: Blues Walk
  • 1958年: Light-Foot
  • 1959年: LD + 3
  • 1959年: The Time is Right
  • 1960年: Sunny Side Up
  • 1960年: Midnight Sun
  • 1961年: Here 'Tis
  • 1961年: Gravy Train
  • 1961年: A Man with a Horn
  • 1962年: The Natural Soul
  • 1963年: Good Gracious!
  • 1963年: Signifyin'
  • 1964年: Possum Head
  • 1964年: Cole Slaw
  • 1964年: Rough House Blues
  • 1965年: Musty Rusty
  • 1965年: Fried Buzzard
  • 1966年: Blowing in the Wind
  • 1966年: Lou Donaldson At His Best
  • 1967年: Lush Life
  • 1967年: Alligator Bogaloo
  • 1967年: Mr. Shing-A-Ling
  • 1968年: Midnight Creeper
  • 1968年: Say It Loud!
  • 1969年: Hot Dog
  • 1970年: Everything I Play is Funky
  • 1970年: Pretty Things
  • 1970年: The Scorpion
  • 1971年: Cosmos
  • 1972年: Sophisticated Lou
  • 1973年: Sassy Soul Strut
  • 1974年: Sweet Lou
  • 1976年: A Different Scene
  • 1976年: Color as a Way of Life
  • 1981年: Sweet Poppa Lou
  • 1981年: Forgotten Man
  • 1982年: Back Street
  • 1984年: Live in Bologna
  • 1990年: Play the Right Thing
  • 1992年: Birdseed
  • 1993年: Caracas
  • 1995年: Sentimental Journey
  • 2000年: Relaxing at Sea: Live on the QE2

コンピレーション[編集]

  • 1971年: Ha' Mercy
  • 1994年: The Righteous Reed! The Best of Poppa Lou
  • 1996年: The Best of Lou Donaldson, Vol. 2 The Blue Note Years.
  • 1998年: Blue Breakbeats

参加したもの[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]