レッド・ガーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レッド・ガーランド
Red Garland 9A.jpg
1970年代後半キーストン・コーナー英語版にて
基本情報
原語名 Red Garland
出生名 William McKinley Garland, Jr.
生誕 1923年5月13日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
死没 (1984-04-23) 1984年4月23日(60歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
ジャンル
職業
担当楽器 ピアノ
活動期間 1945年 - 1983年
レーベル
共同作業者 マイルス・デイヴィス

レッド・ガーランドRed Garland1923年5月13日 - 1984年4月23日)は、ジャズピアニスト。デビュー前にはプロボクサーでもあった。本名はウィリアム・マッキンリー・ガーランド・ジュニア(William McKinley Garland, Jr.)で、出身地はアメリカテキサス州ダラス。1945年よりテキサス州で、1946年よりニューヨークで活動を始め、1955年にリズム・セクションを率いて参加したマイルス・デイヴィス・クインテットにおいて国際的な名声を得た。ブロック・コード英語版などを演奏スタイルの特徴とする[2]

生涯[編集]

ウィリアム・マッキンリー・ガーランド・ジュニアは、エレベーター操縦士のウィリアム・ガーランドの息子として[注 1]1923年5月13日テキサス州ダラスで生まれた。高校時代にはクラリネットアルト・サクソフォーンバスター・スミス英語版から習った[3]ピアノを始めたのは兵役中の18歳のときで、その後ジョン・ルイスとリー・バーンズLee Barnesから指導を受けている[3][1]。また、ガーランドは音楽家として活動を始める前に、ライト級プロボクサーとして35試合を戦っている[3]

1945年にテキサス州フォートワースで演奏をおこなった後、トランペット奏者のホット・リップス・ペイジ英語版に雇われた。1946年にニューヨークに移りビリー・エクスタインビッグ・バンドに参加、翌年から1947年まではペンシルバニア州フィラデルフィアのダウン・ビート・クラブDown Beat Clubの専属ピアニストを務め、チャーリー・パーカーマイルス・デイヴィス、トランペット奏者のファッツ・ナヴァロらとの共演を経験した。その後、コールマン・ホーキンスロイ・エルドリッジレスター・ヤングらと共演するとともに、マサチューセッツ州ボストントリオを結成した[3]

ラウンド・アバウト・ミッドナイト』のセッションを含む1955年から1958年にかけてのマイル・デイヴィス・クインテット(後にセクステット)におけるプレスティッジ・レーベルでの活躍は、ポール・チェンバースフィリー・ジョー・ジョーンズとともにガーランドに国際的な名声をもたらした[3][4]。同時期には同レーベルから『レッド・ガーランズ・ピアノ英語版』などのトリオでの作品や、ジョン・コルトレーンドナルド・バードを含むクインテットでのリーダー作(『オール・モーニン・ロング英語版』『ソウル・ジャンクション英語版』)も発表しており、アート・ペッパーの『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション英語版』(コンテンポラリー)にも参加している。このような活躍の一方で、この時期のガーランドはヘロイン中毒にも陥っており、一時マイルス楽団における地位をトミー・フラナガンに取って代わられることもあった。また、同楽団においてはソロの機会が少ないことに不満を持ち、ビル・エヴァンスにその地位を譲った時期もあったが、1959年のウィントン・ケリーの加入まで楽団に断続的に参加した[3]

1960年代前半はフィラデルフィアで活動していたが、1965年の母の死を機に父の住むダラスの実家に戻り、その後リリーという女性[注 2]と結婚し2子を設け、薬物中毒に疲弊していたこともあり、私生活に身を捧げるようになった。1969年以降は、サクソフォーン奏者のマーチェル・アイヴリー英語版との共演のほか、地元のクラブへの出演を中心に活動していた。1970年代前半には、『ザ・クオータ英語版』などの作品を発表しており、ジェイムス・リアリィ英語版エディ・マーシャル英語版とともに地元でトリオも組んでいたが、1975年から1976年にかけて一時活動を休止している。その後は『レッド・アラート英語版』(ギャラクシー、1977)などのアルバムを発表し、ジョーンズやベーシストのボブ・カニングハム英語版ベン・ライリージョージ・ムラーツアル・フォスターらと共演している[3]

1984年4月23日に、心臓病によりダラスの自宅で死去し、ダラスのリンカーン記念公園に埋葬された[3][5]。最後のパフォーマンスは、1983年6月のニューヨーク市グリニッジ・ヴィレッジのラッシュ・ライフLush Lifeにおけるものだった[5]

演奏スタイル[編集]

レッド・ガーランドが最初期に影響を受けたのは、カウント・ベイシーナット・キング・コールであり、その後、ニューヨークにおいてはバド・パウエルアート・テイタムに強い印象を受けた[4]マイルス・デイヴィス楽団で活躍していたころには、アーマッド・ジャマルブロック・コード英語版[注 3]の影響を強く受けていた。

ディスコグラフィ[編集]

1950年代
  • 『ア・ガーランド・オブ・レッド』 - A Garland of Red(1956年8月録音)(Prestige #7064) 1957年
  • 『レッド・ガーランズ・ピアノ』 - Red Garland's Piano(1956年12月~1957年3月録音)(Prestige #7086) 1957年
  • 『レッド・ガーランド・リヴィジテッド!』 - Red Garland Revisited!(1957年5月録音)(Prestige #7658) 1969年
  • 『グルーヴィー』 - Groovy(1956年12月~1957年8月録音)(Prestige #7113) 1957年
  • 『ザ・P.C.ブルース』 - The P.C. Blues(1956年5月~1957年8月録音)(Prestige #7752) 1970年
  • 『オール・モーニン・ロング』 - All Mornin' Long(1957年11月録音)(Prestige #7130) 1958年
  • 『ソウル・ジャンクション』 - Soul Junction(1957年11月録音)(Prestige #7181) 1960年
  • 『ハイ・プレッシャー』 - High Pressure(1957年11月、12月録音)(Prestige #7209) 1961年
  • ジョン・コルトレーンと共同名義, 『ディグ・イット!』 - Dig It!(1957年3月~1958年2月録音)(Prestige #7229) 1961年
  • 『イッツ・ア・ブルー・ワールド』 - It's a Blue World(1958年2月録音)(Prestige #7638) 1970年
  • 『マンテカ』 - Manteca(1958年4月録音)(Prestige #7139) 1959年
  • 『キャント・シー・フォー・ルッキン』 - Can't See for Lookin'(1958年6月録音)(Prestige #7276) 1963年
  • 『ロホ』 - Rojo(1958年8月録音)(Prestige #7193) 1961年
  • 『ザ・レッド・ガーランド・トリオ』 - The Red Garland Trio(1958年11月21日録音)(Moodsville) 1960年
  • 『オール・カインズ・オブ・ウェザー』 - All Kinds of Weather(1958年11月27日録音)(Prestige #7148) 1959年
  • 『レッド・イン・ブルースヴィル』 - Red in Blues-ville(1959年4月録音)(Prestige #7157) 1959年
  • サテン・ドール(モア・フロム・プレリュード)』 - Satin Doll(1959年8月、10月録音)(Prestige #7859) 1971年
  • リル・ダーリン』 - Lil' Darlin'(1959年10月2日録音)(Status ST-8314) 1959年(ライヴ)
    • 『ライヴ!』 - Red Garland Live!(1959年10月2日録音)(Prestige/New Jazz) 1965年(ライヴ)
    • 『レッド・ガーランド・アット・ザ・プレリュード』 - Red Garland at the Prelude(1959年10月2日録音)(Prestige #7170) 1971年(ライヴ)
  • The Red Garland Trio + Eddie "Lockjaw" Davis(1959年12月録音)(Moodsville) 1959年
1960年代
  • 『レッド・アローン』 - Red Alone(1960年4月2日録音)(Moodsville) 1960年
    • 『アローン・ウィズ・ザ・ブルース』 - Alone with the Blues(1960年4月2日録音)(Moodsville) 1960年
  • 『ハレルー・ヤ・オール』 - Halleloo-Y'-All(1960年7月録音)(Prestige #7288) 1960年
  • 『ソウル・バーニン』 - Soul Burnin'(1959年8月~1961年3月録音)(Prestige #7307) 1964年
  • 『ブライト・アンド・ブリージー』 - Bright and Breezy(1961年7月録音)(Jazzland) 1961年
  • 『ホエン・ゼア・アー・グレイ・スカイズ』 - When There Are Grey Skies(1962年10月録音)(Prestige #7258) 1963年
1970年代以降
  • 『ザ・クオータ』 - The Quota(1971年5月録音)(MPS) 1973年
  • 『アウフ・ヴィーダーゼーン』 - Auf Wiedersehen(1971年5月録音)(MPS) 1971年
  • 『グルービン・ライブ』 - Groovin' Live (Alfa Jazz) 1974年(ライヴ。CDは『同II』と併せて2枚組。)
    • 『グルービン・ライブII』 - Groovin' Live II (Alfa Jazz) 1974年
  • 『キーストンズ!』 - Keystones!(1977年5月録音)(Xanadu) 1977年
  • 『レッド・アラート』 - Red Alert(1977年12月録音)(Galaxy) 1978年
  • フィリー・ジョー・ジョーンズロン・カーターと共同名義, 『クロッシングス』 - Crossings(1977年12月録音) (Galaxy) 1978年
  • Feelin' Red(1978年5月録音)(Muse) 1979年
  • I Left My Heart...(1978年5月録音)(Muse) 1985年(ライヴ)
  • 『イクイノックス』 - Equinox(1978年8月録音)(Galaxy) 1979年
  • 『ステッピン・アウト』 - Stepping Out(1979年7月録音)(Galaxy) 1981年
    • 『ソー・ロング・ブルース』 - So Long Blues(1979年7月録音)(Galaxy) 1984年
    • 『ストライク・アップ・ザ・バンド』 - Strike Up the Band(1979年7月録音)(Galaxy) 1982年

脚注[編集]

  1. ^ 母の名前は不明である[3]
  2. ^ Lillie。旧姓は不明[3]
  3. ^ ジョージ・シアリングが提唱した、両手でメロディーとハーモニーをリズムに乗せる奏法[3][4]

出典[編集]

参考資料[編集]