菅野邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅野 邦彦(すがの くにひこ、1936年10月13日 - )は、東京都出身のジャズピアニスト学習院大学卒業。

オーディオ評論家・菅野沖彦は兄。

人物[編集]

大学在学中、吉屋潤のバンドで、演奏活動をはじめる。卒業後は、サラリーマンになるが、一年で再び音楽の道へ戻る。1960年ころより、鈴木勲ジョージ大塚とトリオで演奏開始、来日したトニースコットに見込まれ、グループごと参加。

このメンバーが、そのまま1963年~64年ころ、松本英彦カルテットとして活動。解散後は、ソロピアニストとして、またリーダーとして活動し、LPレコードも発表。菅野邦彦はあまりにもの繊細さからコンサートホールでの演奏は苦手だった。しかしながら、菅野のブルースフィーリング溢れるピアノ演奏は当時日本ならず世界のJAZZ界でも認められた。自分のピアノを誰かが触ると「誰か触れたね?」と分かってしまうほど繊細・神経質な人物。

アルバム[編集]

2012.03.06更新

  • 1968.07.29&30
    • Finger popping,TAKT SL-5110-N,with 池田芳夫,山崎弘 (録音:菅野沖彦)
  • 1969頃
    • ジョージ・アンド・スリーピージョージ川口とビッグ・フォア,with 松本英彦(ts)、菅野邦彦(p)、鈴木勲(b)、ジョージ川口(ds)
  • 1972.07.17
    • Mr.heartache, private盤 ALJS1001, with本田英造,植松良高(録音:菅野沖彦)
  • 1973.3.29-30
    • Blow up, TMB-15,with 鈴木勲,ジョージ大塚,水橋孝(録音:神成芳彦)
  • 1973.4.4
    • Collaboration,Audio Lab-ALJ-1007,with北村英治,原田政長,須永ひろし(録音:菅野沖彦)
  • 1973.8.9
    • Music, Audio Lab-ALJ-1009,with鈴木勲,清水閏,小川庸一(録音:菅野沖彦)
  • 1973.10.7-10
    • Live, Naja-PA6021,ABCJ-456, with 本田英造, 高田光比古,小川庸一
  • 1974.3.7
    • Portrait, Audio Lab-ALJ-1014,(録音:菅野沖彦)
  • 1974.3.22
    • Love is a many splendered thing, TBM-26,with 小林陽一, 高田光比古,小川庸一(録音:神成芳彦)
  • 1974.9.7
    • The world of Sugano kunihiko,with 小林陽一, 高田光比古,小川庸一,北村英治, 須永ひろし, 菊池秀行, 中牟礼貞則(録音:大塚晋二)
  • 1974.10.9
    • PortraitⅡ, Audio Lab-ALJ-1026,(録音:菅野沖彦)
  • 1974頃
    • Blue city,with 鈴木勲,渡辺香津美,井野信義,小原哲次郎
  • 1975.1.17,18
    • Concert Tour in Kyushu, Audio Lab-ALJ-1031,川畑利文, 高田光比古
  • 1975.6.18
    • On a clear day,PHILIPS FS-7003,with 鈴木憲,松岡義男
  • 1975.7.15
    • Everything Happenes to me, Audio Lab-ALJ-1021,with 小林陽一, 高田光比古,小川庸一 (録音:菅野沖彦)
  • 1975.7.15
    • Incarnation,ADJ-1037,with 西条孝之介,岡崎広志,小川庸一,宮沢昭一,鈴木憲,青島信幸 (録音:菅野沖彦)
  • 1975.7.15
    • Extension,ADJ-1033,with 岡崎広志,小川庸一,宮沢昭一,鈴木憲,青島信幸 (録音:菅野沖彦)
  • 1975.11.10
    • The day of wine and roses,TRIO Naja PA-7179,with 鈴木勲,守新治 ,小川庸一 *1975.11.20,26
  • 1975.11.20,26
    • Touch, TBM-57,with 鈴木勲,小原哲次郎,渡辺香津美,伊勢昌之
  • 1976.3.28
    • Shiny stockings, PHILIPS FS7013,with 河上修,村上寛,菊池英行
  • 1976.3.20
    • The party-SUGACHIN & OSAMU DUO LIVE IN ASHIKAGA, private,with 河上修
  • 1976.7.18
    • Date in DATE, Naja-PA7173, with 河上修,村上寛
  • 1976.7.21
    • The shadow of your smile--with strings
  • 1976.12.14
    • Solo,Naja PA7190,
  • 1978頃
    • Opa Naja-PA7196, with Brasil Brasilian musisian
  • 1978.11
    • Manhatten Fucus--with 増尾好秋,Al Foster,Bob Berg,Tom Harrell,鈴木良雄,T.M. Stevens,SammyFigueroa,Eddie Colon
  • 1979.10.23
    • Four wings BY30-5065, リーダー松本英彦,ジョー大塚、鈴木勲
  • 1980.1.28
    • Sincerely yours,KINGK28P,with 鈴木勲
  • 1981.2.28
    • Foo fou fool, Atlantic-M12012A,with 鈴木勲,日野元彦
  • 1981.5.6, 7,27
    • Hello again, Fullhouse-PAP25006,,with JO Jones Jr.小杉敏
  • 1981.10.26-15
    • Live Life, Fullhouse-PAP25024,,with JO Jones Jr.稲葉国光
  • 1982.1.18
    • Starlight Souvenir, Atlantic-M-12507,(Piano Solo)
  • 1989頃(録音日記載なし)
    • ESTATE, PCCY-00127, with Jimmy Ponder,Leroy Vinnger,Bruno Car,Chugy Carter,Harry Whitaker,中村照夫
  • 2003.07.3, 4.29
    • Blow upⅡ JFIS-XR-002,鈴木勲,ジョー大塚,山本剛,佐藤丈青,長山剛士,小泉高之,力武誠

主な演奏履歴[編集]

  • 1965年頃、松本英彦ビッグフォーとして、NHK「夢であいましょう」に数回出演
  • 1968年頃 ヒルトンホテルのラウンジでソロピアノ
  • 1969年 日本ジャズ協会、第1回コンサートに出演、日比谷野外音楽堂
  • 1973年12月ファーストリサイタル イイノホール,その時の演奏は"The world of Sugano kunihiko"として発売
  • 1974年
    • 1月 銀座ジャンクに初出演
    • 3月22日 TBM 3days in Jazz第1回、都市センターホール
    • swing journalのインタビューで、「ジャズは黒人と白人が仲良くなるよう神様がつくった」と発言
  • 1974年~1976年ころ、青山ロブロイ(有名な安部譲二のカミさんの遠藤さんのお店)で定期的なライブ。『青山ロブロイ物語』に詳しい話が掲載
  • 1975年5月今治でライブ
  • 1976年 ブラジルへ
  • 1978年ころ、日本TV、11PMに出演、UFOを見たと。
  • 1978年~80年ころ、飯倉、ガスライトでハウスピアニストとしてソロ演奏
  • 1979年ごろ 松本英彦コンサート(新宿厚生年金ホール)に出演
  • 1979年ころ、NHK-FM、セッション79に、ホカスポカスとして出演、ゲストに渋谷毅
  • 1981年 9月から12月ハローアゲインコンサート全国ツアー(オールアートプロダクション)
  • 1981年11月16日今治,17日松山でライブ
  • 1984年05.19 大阪845でのライブ
  • 1988.12 マスターキーボード発表ライブ,銀座swing
  • 1987-89年 新橋スィング、銀座スィングで定期的なライブ
  • 1989.05.12 スペインへの旅立ちライブ 銀座swing,(マスターキーボード,聴衆に宮沢明子,録音菅野沖彦、消失したもよう)
  • 1992年 阿佐ヶ谷で定期的ライブ
  • 2000年頃から恵比寿サンマリノで定期的ライブ
  • 2005年頃からLIFE BARで定期的ライブ
  • 2008年頃から箱根湯河原の吉祥院檜ホールで定期的ライブ[1]
  • 2011年頃から現在も六本木club t music&barで毎月第4金曜日にライブ開催
  • 2011年05.28 新宿pit-innでblow-up再会セッション

出典[編集]

  • Love Is A Many Splendored ThingKunihiko Sugano