名古屋造形大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋造形大学
名古屋造形大学
名古屋造形大学
大学設置 1990年
創立 1967年
学校種別 私立
設置者 学校法人同朋学園
本部所在地 愛知県小牧市大字大草字年上坂6004
北緯35度17分49.71秒 東経137度0分9.89秒 / 北緯35.2971417度 東経137.0027472度 / 35.2971417; 137.0027472座標: 北緯35度17分49.71秒 東経137度0分9.89秒 / 北緯35.2971417度 東経137.0027472度 / 35.2971417; 137.0027472
学部 造形学部
短期大学部
研究科 造形研究科
ウェブサイト 名古屋造形大学公式サイト
テンプレートを表示

名古屋造形大学(なごやぞうけいだいがく、英語: Nagoya Zokei University、公用語表記: 名古屋造形大学)は、愛知県小牧市大字大草字年上坂6004に本部を置く日本私立大学である。1990年に設置された。 美術大学である。造形学部と短期大学部、大学院からなり、同朋大学名古屋音楽大学などの姉妹校を持つ。 2008年度より、学校名が「名古屋造形芸術大学」から改名された。[1]

沿革[編集]

  • 1967年4月 名古屋造形芸術短期大学同朋学園名古屋稲葉地キャンパスに開校。造形芸術科の1科のみ、コースは6コース(日本画洋画、彫塑(ちょうそ)、ビジュアルデザイン、プロダクトデザイン)。定員50名。
  • 1973年4月 定員を150名に増員
  • 1975年4月 染色コース開設
  • 1981年4月 造形芸術科を2つ(絵画・彫塑専攻、デザイン・工芸専攻)に分離。プロダクトデザインを環境デザインに改称。インテリアデザインコース開設。定員を240名に増員。
  • 1983年4月 インテリアデザインコース受講が二級建築士受験資格認定対象に
  • 1985年4月 小牧市大草にキャンパス移転。造園デザインコース開設。
  • 1986年4月 彫塑コースを彫刻コースに改称。造園デザインコースをランドスケープデザインコースに改称。インターメディア(総合芸術)コースを開設。定員を420名に増員。
  • 1990年4月 4年制の名古屋造形芸術大学開学開校。1学部(造形芸術学部)2学科(美術学科、デザイン学科)5コース。短期大学の彫刻コースが廃止され、4年制へ移行開設。短期大学の定員を320名に縮小。科目等履修生制度開設。
  • 1992年4月 編入学制度開設。聴講生を科目等履修生に名称変更。短期大学に、科目等履修生制度と研究生制度が発足。
  • 1994年4月 二級建築士試験および木造建築士試験の受験資格を取得可能に
  • 1995年4月 中学校教諭(1種、美術)・高等学校教諭(1種、美術、工芸)・学芸員の各課程を新設。短期大学の全コースが、学芸員資格認定対象に。
  • 1998年4月 一級建築士試験の受験資格を取得可能に
  • 2000年4月 2学科5コースだったのを、2学科7コース(美術学科は、日本画、洋画、彫刻、総合造形。デザイン学科は、視覚伝達デザイン、建築・空間デザイン、産業・工芸デザイン)に。定員を180名に変更。短期大学のコース数縮小。2専攻8コースだったのを、2専攻6コース(日本画、洋画、インターメディア、ビジュアルデザイン、住・環境デザイン、工芸デザイン)に。短期大学の定員を190名に縮小。
  • 2002年4月 短期大学のコース数縮小。2専攻6コースを2専攻4コース(絵画、インターメディア、ビジュアルデザイン、スペース&クラフトデザイン)に。
  • 2003年4月 定員を200名に増員。名古屋造形芸術大学大学院開設(造形芸術研究科のみ)。短期大学を廃止し、短期大学部に。短期大学部の定員は、110名。
  • 2006年4月 定員を260名に増員。造形芸術学部を、2学科7コースから2学科9コース(美術学科は彫刻が総合造形に吸収され、1コース減少。デザイン学科は、情報デザイン、交流造形、メディア造形が新設され、3コース増加)に。短期大学部の定員を、80名に縮小。短期大学部のコース数縮小。2専攻4コースだったのを、3コース(スペース&クラフトデザインの募集が終了)に。
  • 2008年4月 学校名を「名古屋造形大学」と変更。造形芸術学部も造形学部に変更、1学科(造形学科)17コース・クラス編成に改編。造形芸術研究科は造形研究科に。

学部・学科[編集]

造形学部[編集]

造形学科

短期大学部[編集]

短期大学部は2007年度をもって募集停止。

造形芸術科

大学院[編集]

造形研究科に造形専攻がある。造形専攻は、造形表現制作と、造形表現構想の2つの分野に分かれている。造形表現制作は日本画・洋画・彫刻・メディアアート・工芸の5つの研究領域があり、造形表現制作は視覚伝達デザイン・建築デザイン・産業デザイン・環境造形・造形科学・美術理論の6つの研究領域がある。

  • 造形研究科
  • 造形専攻(修士課程)
  • 造形表現制作
  • 日本画
  • 洋画
  • 彫刻
  • メディアアート
  • 工芸
  • 造形表現構想
  • 視覚伝達デザイン
  • 建築デザイン
  • 産業デザイン
  • 環境造形
  • 造形科学
  • 美術理論

取得資格・免許状[編集]

4年制の全コース

4年制の建築・空間デザインコースのみ

  • 一級建築士受験資格(実務経験が2年以上必要)
  • 二級建築士受験資格(卒業後すぐに受験可能)
  • 木造建築士受験資格(卒業後すぐに受験可能)
  • インテリアプランナー(実務経験が2年以上必要)

短期大学部

施設[編集]

  • A棟 - 造形芸術学部と大学院の学生が利用する建物。写真用のスタジオや染・織工房などがある。
  • B棟 - 全学生が利用する建物。木工室や金工室などがある。
  • C棟 - 2つの建物から構成されている。東側の建物は、教室となっている。西側の事務フロア-には、大学の事務所や図書館、購売、ギャラリーなどがある。
    • 図書館 - の他に、雑誌新聞なども置いてある。また映画などの映像素材を見る事ができるコーナーや、インターネットを閲覧できるコーナーなどがある。
  • D棟 - 造形芸術学部と短期大学部の学生が利用する建物。学年ごとのアトリエなどがある。
  • E棟 - 造形芸術学部と短期大学部の学生が利用する建物。版画用の教室や映像関連の機器が置いてある教室などがある。
  • F棟 - 短期大学部と大学院の学生が利用する建物。インターメディア工房などがある。
  • 工房室 - 造形芸術学部と短期大学部の学生が利用する建物。陶芸用の教室や石膏成型用の教室などがある。
  • 植物見本園
  • 実習庭園
  • 体育館
  • テニスコート - 全2面の屋外テニスコート
  • グラウンド
  • クラブハウス - 学生のクラブ活動用の建物。
  • 学生ホール - 1階には食堂、2階にはカフェテリアがある。
  • 専用バス発着所 - スクールバスの発着所(スクールバスの詳細は、下記の「スクールバス」参照)。
  • 駐車場 - C棟南側と体育館東側の2ヶ所ある。
  • 駐輪場 - 大学入り口付近に1ヶ所ある。

著名な出身者[編集]

姉妹校[編集]

所在地[編集]

愛知県小牧市大字大草字年上坂6004

交通手段[編集]

スクールバス

路線バス

  • こまき巡回バスの造形大学前停留所下車、徒歩1分。
  • 名鉄バス高蔵寺・桃花台線の大草東上(おおくさひがしかみ)停留所下車、徒歩5分。
  • 名鉄バス春日井・桃花台線、あおい交通ピーチバス・桃花台バスの光が丘4丁目停留所下車、徒歩7分。

周辺[編集]

大学の周辺には、田んぼが広がっている。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 名古屋造形芸術大学は2008年4月、名古屋造形大学に名称変更予定です。

外部リンク[編集]