長瀬産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長瀬産業株式会社
NAGASE & CO., LTD.
Nagase-corporate-logo.svg
NAGASE & CO.,LTD. bldg Osaka.jpg
本社ビル(大阪市西区1928年建造)
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
550-8668
大阪府大阪市西区新町一丁目1番17号
(大阪本社)
〒103-8355
東京都中央区日本橋小舟町5番1号
(東京本社)
北緯35度40分48秒 東経139度42分21秒 / 北緯35.68000度 東経139.70583度 / 35.68000; 139.70583座標: 北緯35度40分48秒 東経139度42分21秒 / 北緯35.68000度 東経139.70583度 / 35.68000; 139.70583
本店所在地 550-8668
大阪府大阪市西区新町一丁目1番17号
設立 1917年大正6年)12月9日(株式会社長瀬商店)
業種 卸売業
法人番号 4120001049021 ウィキデータを編集
事業内容 化学品、合成樹脂、電子材料、化粧品、健康食品等の輸出・輸入及び国内販売
代表者 長瀬洋代表取締役会長
朝倉研二(代表取締役社長執行役員
若林市廊(代表取締役兼常務執行役員)
資本金 96億9900万円
発行済株式総数 1億2740万8285株
売上高 連結:8,302億40百万円
(2021年3月期)
営業利益 連結:219億16百万円
(2021年3月期)
経常利益 連結:228億54百万円
(2021年3月期)
純利益 連結:188億29百万円
(2021年3月期)
純資産 連結:3,384億31百万円
(2021年3月期)
総資産 連結:6,405億87百万円
(2021年3月期)
従業員数 連結:6,940名※1
単体:875名※1
(2021年3月期)
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人
主要株主 NORTHERN TRUST CO. (AVFC) RE SILCHESTER INTERNATIONAL INVESTORS INTERNATIONAL VALUE EQUITY TRUST 5.32%
三井住友信託銀行 4.53%
三井住友銀行 3.44%
NORTHERN TRUST CO. (AVFC) RE U.S. TAX EXEMPTED PENSION FUNDS 3.15%
日本生命保険 2.82%
長瀬令子 2.80%
三井住友海上火災保険 2.32%
長瀬洋 2.31%
主要部門 機能素材、加工材料、電子、自動車・エネルギー、生活関連、その他
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 長瀬文男
長瀬朋彦
外部リンク https://www.nagase.co.jp/
特記事項:経営指標は 2016年3月 第101期 有価証券報告書
※1従業員数は就業人員数を記載。なお、取締役兼務を除く執行役員は、従業員数に含めて記載。
テンプレートを表示

長瀬産業株式会社(ながせさんぎょう、英称:NAGASE & CO., LTD.)は、大阪本社(本店)を大阪府大阪市西区に、東京本社を東京都中央区に置く、主に化成品医薬品事業を中心とした複合商社。同じく大阪に本社を置いている伊藤忠商事阪和興業岩谷産業稲畑産業山善などと並ぶ在阪商社の一つである。

概要[編集]

創業者の長瀬伝兵衛1832年天保3年)6月18日に京都西陣で、染料澱粉などの取り扱いをおこなう「鱗形屋」(うろこがたや、源流企業)を創業した。その後1898年明治31年)、大阪に本社を移すと、以後は化成品卸業を専業に事業を展開する。現在でも医薬品写真材料などの卸売事業を中心としており、自社内に研究所(ナガセR&Dセンター)が存在する。

かつてはイーストマン・コダックの日本総代理店としても知られる(現在も同社より分離独立したイーストマン・ケミカルの代理店となっている)一方、その他にもダウ・ケミカルゼネラル・エレクトリックなどの企業とも結びつきが深いことで知られる。また創業から今日まで、創業者一族による企業経営がなされている。

2011年8月3日には同年に経営破綻した林原グループの再建スポンサーになり[2]、2012年2月3日付けで株式会社林原に対して100%増資を行って完全子会社とした。

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1832年天保3年)6月 - 長瀬伝兵衛が「鱗形屋」を創業
  • 1893年明治26年)8月 - 大阪市西区に大阪支店開設。
  • 1898年(明治31年)11月 - 本店を大阪に移転。
  • 1900年(明治33年)9月 - スイス・バーゼル化学工業社と取引開始。
  • 1911年(明治44年)7月 - 東京支店を開設。
  • 1917年大正6年)12月 - 株式会社長瀬商店として発足。資本金300万円。
  • 1923年(大正12年)4月 - 米国・イーストマンコダック社と取引開始。
  • 1930年昭和5年)11月 - 米国・ユニオンカーバイド社と販売代理店契約締結。
  • 1940年(昭和15年)4月 - 名古屋支店を開設。
  • 1943年(昭和18年)6月 - 商号を長瀬産業株式会社に変更。
  • 1964年(昭和39年)9月 - 株式を公開(大阪証券取引所市場第二部に上場)。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 米国・ゼネラルエレクトリック社と代理店契約締結。
  • 1970年(昭和45年)
    • 4月 - スイス・チバガイギー社と共同出資により長瀬チバ株式会社(現・ナガセケムテックス株式会社・連結子会社)を設立。
    • 8月 - 東京・大阪両証券取引所市場第一部銘柄に指定。
  • 1971年(昭和46年)
    • 2月 - 香港に長瀬(香港)有限公司(現・連結子会社)を設立。
    • 4月 - 米国・ゼネラルエレクトリック社と合弁会社エンジニアリング プラスチックス株式会社を設立。
  • 1974年(昭和49年)2月 - 米国・テクニカル オペレイションズ社と合弁会社長瀬ランダウア株式会社(現・持分法適用会社)を設立。
  • 1975年(昭和50年)4月 - シンガポールにNagase Singapore(Pte)Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 1980年(昭和55年)4月 - ドイツ・デュッセルドルフにNagase(Europa)GmbH(現・連結子会社)を設立。
  • 1982年(昭和57年)3月 - マレーシア・クアラルンプールにNagase(Malaysia)Sdn.Bhd.(現・連結子会社)を設立。
  • 1985年(昭和60年)5月 - ソウル支店を開設。
  • 1988年(昭和63年)8月 - 台湾に台湾長瀬股份有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 1989年(昭和64年・平成元年)
    • 3月 - タイにNagase(Thailand)Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
    • 4月 - 財団法人長瀬科学技術振興財団(現・公益財団法人長瀬科学技術振興財団)を設立。
    • 7月 - 東京支社を東京本社とし、大阪・東京両本社制を採用。
  • 1990年(平成2年)
    • 3月 - 米国・テネシーに合弁会社Sofix Corporation(現・連結子会社)を設立。
    • 4月 - 神戸市にナガセR&Dセンターを開設。
    • 12月 - 台湾に合弁会社長華塑膠股份有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 1997年(平成9年)
    • 4月 - フィリピン・マニラにNagase Philippines Corporation(現・連結子会社)を設立。
    • 9月 - 中国・上海に上海長瀬貿易有限公司(現・連結子会社)、韓国・アニャンにNagase Engineering Service Korea Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 1998年(平成10年)
    • 2月 - インドネシア・ジャカルタにP.T.Nagase Impor-Ekspor Indonesia(現・連結子会社)を設立。
    • 3月 - 中国・上海に上海華長貿易有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月 - ソウル支店を廃止し、現地法人Nagase Korea Corporation(現・連結子会社)を設立。
    • 8月 - シンガポールにNagase FineChem Singapore(Pte)Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 2002年(平成14年)
    • 3月 - 中国・広州に広州長瀬貿易有限公司(現・連結子会社)を設立。
    • 7月 - ベトナムにハノイ駐在員事務所を開設。
    • 9月 - 中国・無錫に長瀬精細化工(無錫)有限公司(現・長瀬電子材料(無錫)有限公司・連結子会社)を設立。
  • 2003年(平成15年)9月 - 中国・天津に天津長瀬国際貿易有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 2004年(平成16年)9月 - 中国・深圳に長華国際貿易(深圳)有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月 - 中国・蘇州に東拓工業(蘇州)有限公司(現・連結子会社)を設立。
    • 11月 - 台湾に長瀬電子科技股份有限公司(現・連結子会社)を設立。
    • 12月 - フィリピンにNagase Philippines International Services Corporation(現・連結子会社)を 設立。
  • 2006年(平成18年)
    • 1月 - ドイツの半導体製造装置メーカーPac Tech-Packaging Technologies GmbH(現・連結子会社)の株式を取得。
    • 11月 - インドにNagase India Private Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 2007年(平成19年)7月 - 兵庫県尼崎市にナガセアプリケーションワークショップを開設。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 大阪府堺市に堺営業所を開設。
    • 9月 - ベトナムにNagase Vietnam Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 2009年(平成21年)1月 - ドバイ支店を開設。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 - アメリカの変性エポキシ樹脂メーカーEngineered Materials Systems Inc.(現・連結子会社)の株式を取得。
    • 2月 - 株式会社林原(本社:岡山市、現・連結子会社)の株式を取得。
    • 7月 - ブラジルにNagase do Brasil Comercio de Produtos Quimicos Ltda.を設立。

関連会社[編集]

  • 林原
  • ナガセプラスチックス(株)
  • ナガセテクノエンジニアリング(株)
  • ナガセテクノサービス(株)
  • ナガセケミカル(株)
  • オー・ジー長瀬カラーケミカル(株)
  • ナガセ物流(株)
  • ナガセエレックス
  • ナガセケムテックス(株)
  • ナガセ医薬品(株)
  • 本州リーム(株)
  • 東拓工業(株)
  • (株)ナガセビューティケァ
  • エクス・グレード(株)
  • (株)東洋ビューティサプライ
  • 報映産業(株)
  • 寿化成工業(株)
  • セツナン化成(株)
  • ナガセ情報開発
  • 長瀬ランダウア(株) :米Landauer社との合弁(50%)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

  • IMAGICA GROUP - 元々当社のフィルム現像部門を分社化したものが母体で設立当初の社名は東洋現像所。外式現像方式のコダクローム指定現像所であった。映画フィルムの現像でも強みを発揮し、現在はデジタル映像編集では国内大手で、様々な映画、CMなどの編集や制作も行っている。 現在は直接の資本関係こそないが、事実上の兄弟会社。
  • IMAGICA Lab.
  • 同族経営 - 長らく創業家の長瀬家の人間が代表取締役を担ってきたが、2015年4月に創業一族以外の朝倉研二が代表取締役に就任した。

外部リンク[編集]