化学品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
化成品から転送)
移動先: 案内検索

化学品(かがくひん、英語:chemicals)は、化学的な組成性質を特徴とする商品工業原料として用いられることが多いため、工業薬品化成品などとも呼ばれる。

重曹(炭酸水素ナトリウム)のような粉末純度の高い単一組成のもののほか、硫酸液体苛性ソーダの様な水溶液のもの、塗料ワニス溶剤ポリウレタン原料、樹脂コンパウンドの様な混合物として流通しているものもある。また、高圧ガスなどの気体を圧縮したものもある。

ゴムの成型品、塗料印刷インキ医薬部外品、医薬中間物、食品添加物、工業用油脂などを、化学品として扱うか、または医薬品など他の分類で扱うか、その範囲は国によって異なる。