塚本快示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塚本快示(つかもと かいじ、1912年12月14日 - 1990年6月10日)は日本の陶芸家。本名は塚本快兒

戦後、美濃窯の発展に貢献した陶芸デザイナー・日根野作三に師事しクラフト風な磁器の制作と平行しながら中国陶磁の研究に励んだ。主に模範としたのは中国・北宋時代の白磁や青白磁、また同じく北宋時代の「影青(いんちん)」である。素地となる土には各地の長石や陶土を配合し、釉薬も長石・陶石・カオリン・柞灰・石灰などで調整したものを用いるようになる。

1948年頃、古陶磁研究家・小山冨士夫が著した『影青記』に感銘を受け自らの技術を更に磨き精度を高めていった。特に白磁胎がまだ乾ききらないうちに鋼や竹のヘラで刻まれる片切り模様の精緻さは他の追随を許さず[1]、その技術は日本だけでなく中国の陶磁界でも高い評価を得ている。

略歴[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 『「日本のわざと美」展-重要無形文化財とそれを支える人々-』、茨城県陶芸美術館編、p145、2005年11月19日
  2. ^ 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月26日閲覧。