天野裕夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天野裕夫
生誕 1954年3月1日
日本の旗 日本 岐阜県瑞浪市
職業 彫刻家

天野 裕夫(あまの ひろお、1954年3月1日 - )は、日本彫刻家。巨大な作品なども制作する[1]

略歴[編集]

作品[編集]

  • 《アーチ構造》土岐市屋外 (岐阜県)
  • 《大力(マウンティン・エネジー)》 «高浜工業株式会社» の正面玄関(土岐市)
  • 《背美鯨》仙台市わかば公園
  • 《心臓の人間》仙台市もみじが丘公園
  • 《ラピュタ》名取市屋外(宮城県).
  • 《脳内世界》東京都東京国際フォーラム、ホール内
  • 《護鬼佛理天》吉野林泉寺(奈良県)
  • 映画«海のオーロラ» のコンピューターグラフィックモデル原型作成[2]

個展[編集]

  • 日本画廊 (1978年、東京都)
  • 竹川画廊 (1982年、東京都)
  • 千葉県立美術館(1985年)
  • 東京セントラルアネックスLA TAMA ’90 (1990年、東京都)
  • 半田市野外彫刻展「ときめき・シンフォニー都市・はんだを彩る彫刻の世界展」)(1992年)
  • 瑞浪市市之瀬廣太記念美術館(1995年)
  • 椿近代画廊 (1997年、東京都)[3]
  • 「TUES-現代彫刻の展望―、TUES1998-空想世界の造形―、彫刻三人展 天野裕夫展 安藤泉展 藤原吉志子展」美ヶ原高原美術館 (1998年、長野県).
  • NICAF 2001 Tokyo – 第7回国際コンテンポラリーアートフェスティバル (2001年、東京都)

受賞歴[編集]

  • 1984年 - 第3回高村光太郎大賞展 彫刻の森美術館賞
  • 1986年 – 第1回ロダン大賞展美ヶ原高原美術館賞
  • 1996年 - 第6回現代日本陶彫展金賞(《重厚円大カエル》)[1]
  • 2002年 – 円空大賞知事賞

ギャラリー[編集]

出版物[編集]

  • 1979年 - 「火石化石煉獄鬼深海からの招待――天野裕夫焼物彫刻作品集」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 井上隆生 (2002年6月5日). “天野裕夫さん のぞき込むと別世界(現代陶芸家列伝)”. 朝日新聞(夕刊・名古屋): p. 4  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ http://www.imdb.com/name/nm4393733/
  3. ^ http://www.dartmagazine.com/archive.v11n2b_fall2008.asp

資料[編集]

1995年 – 曼陀羅鯨, 伊藤信之

外部リンク[編集]