蜷川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蜷川氏
No image available.svg
本姓 物部氏宮道氏庶流?
家祖 蜷川親直
種別 武家
出身地 越中国新川郡蜷川庄
主な根拠地 越中国新川郡蜷川庄
土佐国
著名な人物 蜷川親当
蜷川親元
蜷川新
武蔵 (格闘家)
TOMO (格闘家)
凡例 / Category:日本の氏族

蜷川氏(にながわし)は、日本の氏族の一つ。元は物部氏の流れを汲むとされる宮道氏越中国新川郡蜷川庄[1]を所領とし、そこの地名を名乗った。祖は蜷川親直

概要[編集]

室町幕府において、政所執事を世襲した伊勢氏の家臣であり、親直から数えて3代目の蜷川親当(後の智蘊)の頃より政所代を世襲することとなった。室町時代末期、主君である将軍足利義輝を失った蜷川親世は零落し、出羽国村山郡で没した。嫡子蜷川親長を始めとする一族の多くは、土佐国長宗我部元親のもとへ落ちのびた(元親室石谷氏が親長の従兄弟。石谷氏は、明智光秀重臣の斎藤利三の妹)。

また、蜷川氏は丹波国船井郡を所領としていたことと、伊勢貞興明智光秀の家臣にとなったこともあり、蜷川貞栄蜷川貞房父子等の一族が光秀に仕えた。山崎の戦い明智氏が滅亡した後は、元親のもとへ落ちのびた一族もおり、丹波で暮らし続けた一族もいる。

長宗我部氏滅亡後、親長は徳川家康御伽衆として仕えた。その後蜷川氏は旗本として続き、明治維新に至る。

所領[編集]

蜷川新右衛門について[編集]

蜷川氏の当主は代々新右衛門と名乗っている。

蜷川新右衛門といえば、テレビアニメ『一休さん』(1975年-1982年)に足利義満の側近で寺社奉行の武士蜷川新右エ門が登場するが、モデルとなった蜷川親当(智蘊)が仕えたのは足利義教であり、そもそも室町幕府に寺社奉行はなく、実際のところ一休宗純と師弟関係があったのも親当が出家して智蘊と名乗ってからのことであり、ほとんど架空の人物である。ただ、親当の嫡子蜷川親元が記した『親元日記』や一休が記した『狂雲集』には蜷川親当(智蘊)と一休の交流(禅問答など)が綴られており、これをスタッフがアニメ制作の参考にしたのではないかとみられる。

脚注[編集]

  1. ^ (もとの蜷川郡、後の蜷川村、現在の富山県富山市蜷川および黒崎・二俣・赤田・小杉・袋・布市最勝寺・黒瀬・八日町下掛尾(しもかけお))

関連項目[編集]