蜷川親元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
蜷川親元像紙形
(伝土佐光信筆、内閣文庫蔵)

蜷川 親元(にながわ ちかもと、永享5年(1433年) - 長享2年5月25日1488年7月4日))は、室町時代の幕府官僚・歌人足利義政足利義尚将軍期の政所代。蜷川新右衛門親当(智蘊)の子で、法名は道寿、号は不白。また、蜷川氏当主は代々「新右衛門尉(しんえもんのじょう)」を名乗っている。子に親孝

政所執事伊勢貞親貞宗に仕える。文明5年(1473年)8月に政所執事代に就任し、将軍家の家産を司った。能書家として知られ、武家故実にも通じていた。日記に『親元日記』がある。