土肥氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土肥氏
家紋
左三つ巴[1]
本姓 桓武平氏良文流土肥氏
家祖 土肥実平[2]
種別 武家[2]
出身地 相模国足下郡土肥郷[2]
主な根拠地 越中国新川郡[3]
著名な人物 土肥実平
土肥遠平
土肥親真
支流、分家 新開氏(武家)
小早川氏(武家)
柿沢氏(武家)など
凡例 / Category:日本の氏族

土肥氏(どひし、どひうじ/どいし、どいうじ)は、日本の氏族の一つ。桓武平氏良文流。中村氏の一族。家紋は左三つ巴。主なものは下記の2流がある

  1. 鎌倉時代初期に相模国を中心に栄えた、相模土肥氏
  2. 相模土肥氏の一族で鎌倉時代後期から戦国時代末期に越中国で栄えた越中土肥氏



相模土肥氏[編集]

中村荘司宗平の次男実平が、相模国土肥郷を有したのが始まり。実平は源頼朝忠実に仕えて厚く信頼された。その後、和田合戦で和田方に付いたことが原因で衰えるが、実平の子孫・土肥実綱が鎌倉将軍九条頼嗣執権北条時頼北条時宗に仕えて活躍し、土肥氏を再度歴史の表舞台に引き上げた。この実綱の弟の土肥頼平が越中土肥氏の祖となるのである。

越中土肥氏[編集]

建長年間(1249年 - 1255年)に土肥氏の一族である土肥頼平越中国(現・富山県)に地頭として入ったとされるが、不明な点が多い。その後、同地で勢力を伸ばし、南北朝時代から戦国時代には越中国の代表的な国人として勢威を振るった。越中国守護であった畠山氏の傘下に入り、畠山氏の家督争いでも活躍している。その後の土肥氏は一貫して畠山氏に忠誠を誓っていたようで、土肥将真畠山尚順に従って将軍に謁見し、1493年明応の政変畠山政長と運命を共にした土肥氏の一族や、能登畠山家に仕えた一族もいる。

戦国時代となり、神保氏椎名氏の両勢力の狭間で翻弄ほんろうされたが、越中国に越後国長尾氏の勢力が拡大してくると、当主土肥政繁はそれに従った。上杉謙信死後は上杉景勝に従ったが、織田氏の武将である佐々成政の攻撃を受け、一進一退の攻防を繰り広げた。しかし佐々成政の執拗しつような攻撃により、1583年に降伏して越後国へと逃亡した。佐々成政と羽柴秀吉の争いにつけ込んで旧領奪回の機会を狙ったが、果たせずに越後国で没した。その死後、一族が最上義光に従ったが、お家騒動に巻き込まれて自害し、越中土肥氏は滅亡した。

富山県(旧・越中国)では現在も土肥氏の子孫を称する人々が多数おり[要出典]本願寺教如帰依して立剋寺を開基し、住職として現在まで続く一族もいる[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沼田頼輔 1926, p. 1161.
  2. ^ a b c 太田 1934, p. 3989.
  3. ^ 太田 1934, pp. 3990-3991.

参考文献[編集]

関連項目[編集]