永姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永姫(えいひめ、天正2年(1574年) - 元和9年2月24日1623年3月24日))は、織田信長の四女。前田利長の正室。院号は玉泉院、法名は玉泉院殿松厳永寿大姉。

生涯[編集]

1574年(天正2年)、信長の四女として出生する。母は不明。1581年(天正9年)12月7歳の時、前田利家の嫡男・利長の正室となった。1582年(天正10年)、父信長に呼ばれ、利長と共に本能寺を目指していたが、途中で本能寺の変の急報を聞き、前田家の旧領尾張荒子に逃げる。関ヶ原の戦いでは姑のまつとともに江戸に人質として送り込まれかけるが、後に利長の元に返された。

二人の仲は良好だったが、嗣子を産むことはできなかった。「どんな女でも良いから夫の子を産んで欲しい」という悲痛な言葉も残している。兄織田信雄の娘を2人、宇喜多秀家豪姫の娘など7人を養女としている。

利長は弟の利常を順養子として迎え、家督を譲って隠居している。1614年(慶長19年)、利長が越中高岡で死去すると、永姫は金沢に戻って剃髪し、玉泉院と号した。1623年(元和9年)2月24日、50歳で死去。金沢の野田山に葬られた。

出自[編集]

永姫の母親についてはほとんど記録がない。加賀藩本藩歴譜』では「1618年(元和4年)3月3日に越中守山で没する、母は生駒氏、春誉妙澄大姉」としているが、生駒吉乃(没年1566年(永禄9年))とは無関係であり、他の生駒氏にも見あたらない(生駒氏家譜)。この永姫の母親とされる春誉妙澄大姉については没年1618年(元和4年)以外の事は全く不明である。

1610年(慶長15年)、永姫は姉・徳姫の母吉乃(久庵桂昌大禅定尼)の菩提追崇を明厳誉傳和尚に懇願し、自己資金で金沢久昌寺(亦葉山久昌寺)を建立した。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]