中島道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 道子(なかじま みちこ、1928年 - )は、日本の作家。

福井県三国町(現・坂井市)生まれ。実践女子大学国文科卒業。日本ペンクラブ会員。明智光秀公顕彰会副会長。福井工業大学客員教授。歴史小説を多く書く。

著書[編集]

  • 遊女哥川 越前三国湊の俳人 (渓声出版 1985年)
  • 諏訪御寮人 武田勝頼の母 (渓声出版 1988年3月) 「小説信玄と諏訪姫」(改題、PHP文庫)
  • 熈子 明智光秀の妻 (紀尾井書房 1988年5月)
  • 火輪 家光の生母お江与の方春日局 (世界文化社 1989年3月)
  • 裏切りの系譜 信長・光秀・秀吉の最期 (紀尾井書房 1990年10月)
  • 怨念の絵師岩佐又兵衛 (河出書房新社 1992年4月)
  • 濃姫と熈子 信長の妻と光秀の妻 (河出書房新社 1992年8月)
  • それからのお市の方 北ノ庄落城異聞 (新人物往来社 1994年9月)
  • 秀吉と女人たち (勁文社 1995年12月)
  • 天下の悪妻 越前藩主松平忠直夫人勝子 (河出書房新社 1995年1月)
  • 大笑面 仏を抱いた男 (河出書房新社 1997年4月)
  • 母の慟哭 信長・秀吉・家康の母 (夏目書房 1997年10月)
  • 湖影 明智光秀とその妻熈子 (KTC中央出版 1998年3月)
  • 徳川三代と女房たち (立風書房 1999年10月)
  • 前田利家と妻まつ 「加賀百万石」を築いた二人三脚 (2001年9月 PHP文庫)
  • 松平忠輝 幕府に反抗しつづけた「家康の息子」 (2002年10月 PHP文庫)
  • 柳生石舟斎宗厳 戦国を戦い抜いた柳生新陰流の祖 (2003年2月 PHP文庫)
  • 松平春嶽 「幕末四賢侯」と称された名君 (2003年10月 PHP文庫)
  • 源義経静御前 源平合戦の華若き勇者と京の舞姫 (2004年9月 PHP文庫)
  • 山内一豊と妻千代 「土佐二十四万石」を築いた夫婦の物語 (2005年9月 PHP文庫)
  • 戦国の「いい妻」「ダメな妻」 (2009年1月 PHP文庫)
  • わし駄目かも… 認知症・肺癌と闘った夫へ (渓声出版 2009年1月)
  • 戦国の「いい男」「ダメ男」 (2010年4月 PHP文庫)
  • 江 波瀾と愛憎の生涯 (世界文化社 2010年11月)

外部リンク[編集]