牧長清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
牧 長清
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 永禄13年2月15日1570年3月21日
別名 通称:与三右衛門
主君 織田信長
氏族 牧氏
父母 父:牧長義
母:長栄寺殿織田信定の娘)?
兄弟 長清長正
正室織田信秀の娘・小林殿

牧 長清(まき ながきよ)は、戦国時代武将織田信長妹婿に当たる[1]。最後の尾張守護斯波義銀の従兄弟に当たる[2]

生涯[編集]

父は尾張小林城主で信長の叔母を妻とする牧長義。長清の生母は長栄寺殿とも言われるが不詳[1]。長清は信長の妹を娶っているため、牧家と織田家は二重の縁で結ばれた事になる[2]。長清は信長の妹を正室にしている事で尾張中から羨まれたという[註 1]。長清の武将としての業績は不明であるが、仏教に帰依して諸国の名山に登る事を好み、富士山の7回登山を発願して3回実現したが、老境に及んで果たせぬ事を惜しみ、遂に富士塚を築いて浅間社を勧請した[註 2]

永禄13年(1570年)2月15日に死去[1][3]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 『尾張志』では「信長公の妹を娶りて、国中の幸ひ人、栄花人に過たり」と言われている。
  2. ^ 尾張志

出典[編集]

  1. ^ a b c 岡田正人『織田信長総合事典』P152
  2. ^ a b 西ヶ谷恭弘『織田信長事典』P251
  3. ^ 西ヶ谷恭弘『織田信長事典』P252

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『尾張志』