松平康保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 康保(まつだいら やすもち、天明2年12月10日1783年1月12日) - 文久元年5月12日1861年6月19日))は、石見浜田藩2代目藩主・松平康定の養子。高家旗本・従五位下侍従隠岐守前田清長の八男。幼名は熊吉。官位は従五位下、左京亮、修理亮。隠居号は蘭斎。

寛政6年(1794年)4月7日、叔父・松平康定の養子となり、寛政8年(1796年)に叙任する。しかし、寛政11年(1799年)10月に病気を理由に廃嫡され、家督を継ぐことはなく隠居、蘭斎と号した。代わって、松井松平家分家の旗本家から康任が養子に迎えられた。

康保には2男1女の3人の子があり、男子は賢太郎政之助で長女が歌という。後年、歌は高家前田家7代前田長義の養女となり、8代前田長徳の妻となる。文久元年(1861年)5月10日、80歳で死去し、上野・谷中延命院に葬られた。法号は隆崇院薫譽德興蘭齋大居士。

参考資料[編集]

  • 「前田家系譜」
  • 「前田家先祖書」
  • 「前田家過去帳」