小笠原長円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小笠原長円
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝4年2月26日1676年4月9日
死没 正徳3年10月22日1713年12月9日
別名 磯之助、宮内(通称)
戒名 真浄院殿義英宗高大居士
墓所 福岡県築上郡吉富町広津の天仲寺
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継
豊前中津藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原長章
兄弟 長胤長宥、姉(酒井忠相室)、長富、姉(増山正任室)、長救長円
正室:稲葉正通の娘
長邕長興、娘(小笠原長逵正室)

小笠原 長円(おがさわら ながのぶ)は、豊前中津藩の第4代藩主。忠脩系小笠原家4代。

生涯[編集]

延宝4年(1676年)2月26日、初代藩主・小笠原長次の長男・長章の五男として生まれる。

元禄11年(1698年)7月28日に兄で第3代藩主の長胤が悪政と乱行を理由に改易された。しかし小笠原氏は譜代の名門であり、藩祖の秀政ら祖先の勤労を評価されて、弟の長円が8万石から4万石に所領を削減された上で家督を継ぐことを許された。

しかし、長円も兄や先々代の長勝と同じように暗愚な人物で、藩財政困窮のために領民に重税を課し、さらに家臣の知行も半減している。元禄11年(1698年)12月25日、従五位下・信濃守に叙位・任官された。宝永6年(1709年)から病気に倒れたと称して藩政を顧みなくなり、そればかりか養生のためとして豪勢な別邸を建ててそこに居住し、以後は女と酒に溺れた生活を送ってますます藩政を混乱させた。

正徳3年(1713年)10月22日に死去した。享年38。跡を長男の長邕が継いだ。