山内豊昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
山内豊昌
Yamauchi Toyomasa.jpg
山内豊昌像(土佐山内家宝物資料館蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永18年8月29日1641年10月3日
死没 元禄13年9月14日1700年10月25日
改名 国松(幼名)、豊昌
戒名 覆戴院含弘周徳
墓所 高知県高知市天神町の真如寺
官位 従四位下、筑後守、侍従兼土佐守
幕府 江戸幕府
土佐藩
氏族 山内氏
父母 父:山内忠豊、母:池田利隆の娘・長光院
兄弟 フウ、松、椎、豊昌
正室:松平定頼の娘・仙寿院
側室:三条公富の娘・法雲院
多代(山内豊房正室)、娘(京極高豊正室)、
娘(阿部正邦正室)、娘、
養子:豊房

山内 豊昌(やまうち とよまさ)は、土佐高知藩(土佐藩)の第4代藩主。

生涯[編集]

寛永18年(1641年)8月29日、第3代藩主・山内忠豊の長男として生まれる。明暦3年(1657年)に元服し、寛文9年(1669年)6月15日の父の隠居により家督を継いだ。藩主権力の確立のために、天和元年(1681年)に地方知行制を蔵米支給制に改め、天和3年(1683年)以後は年々の年貢を平均して徴収する平等免制度とした。元禄3年(1690年)には「元禄大定目」を制定して、藩士や領民の生活を統制する。また、豊昌は剣術の達人で、武術を奨励した。

しかし元禄元年(1688年)、支藩中村藩改易、藩政改革における交通路改築の失敗、さらには自らの能楽・食道楽による藩財政悪化、山林荒廃を招くなどの失政もあった。これら一連の改革を天和の改革という。

元禄13年(1700年)9月14日に江戸で死去した。享年60。男児がなかったため、分家の山内豊房婿養子として跡を継がせた。