下総三浦藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下総三浦藩(しもうさみうらはん)は、徳川家康の関東移封後から江戸時代初期にかけ、下総国上総国に領地を持った。藩主家は三浦家石高は約1万石。

藩庁所在地は下総国佐倉(現在の千葉県佐倉市)とも上総国大網(現在の千葉県大網白里市)ともされるが、三浦家が早い時期に断絶となったためにこれを確定する史料が存在しない。「下総三浦藩」は藩主の家名により呼ばれた仮称である。

藩史[編集]

天正18年(1590年)8月、徳川家康関東に移封されると、家康の家臣である三浦重成上総国山辺郡、下総国印旛郡などに1万石の所領を与えられ大名となった[注釈 1]。当初の本拠は佐倉[2]本佐倉[1])であるという。

文禄4年(1595年)に重成は豊臣姓を下賜された。慶長7年(1602年)には家康から3千石の加増を受けている(この際に佐倉から近江国に移封されたという[注釈 2])。

重成は男児に恵まれず、阿部正次の子・重次を娘婿に迎えて後継者にしようとした[2]。重次は大坂の陣では、重成の代理として参加している。

しかし老齢になって、重成に実子の重勝が生まれたため、重次は後継者の地位を辞退する。そのため重成は、重次に近江国浅井郡3千石の所領を分与し、分家を立てさせた。

重成の没年は不詳[2]であるが、元和元年(1615年)の大坂の陣の際には病気にかかっていたとされる[2]。慶長末年ないしは元和年間に重勝が後を継いだと見られ[2]、寛永元年(1624年)12月に父の遺領を継いだ重勝が従五位下に叙せられた記録がある[2]。寛永4年(1627年)には、大網にあった方墳寺が、禁教とされた日蓮宗不受不施派の教義を布教したとして重勝に焼き払われている[2]

しかし寛永8年(1631年)8月、重勝が継嗣のないまま死去し、三浦家は無嗣改易となった[2][注釈 3]

大網の蓮照寺には三浦監物家に関連する二基の供養塔がある[2][3]。一基は三浦監物重勝の供養塔で、もう一基は「三浦監物」(重勝あるいは重成)が一族の日寛上人を供養したものである[2][3]。『千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋』[注釈 4]は、大網を城地と示唆している[4]

歴代藩主[編集]

三浦家

1万石→1万3千石→1万石。譜代(1590年 - 1631年)。

  1. 重成
  2. 重勝

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『佐倉市史』によれば、天正19年(1591年)に知行割りが行われ、上総国大網(現在の大網白里市大網)・本納(現在の茂原市本納)および下総国佐倉で1万石が宛がわれた[1]
  2. ^ 『大網白里町史』が依拠する中村孝也『徳川家康の研究』による[2]
  3. ^ 重勝の弟として三浦重政がいたが、当初病弱のために出仕せず、のちに阿部正次の家臣となって代々続いた。
  4. ^ 蓮照寺の供養塔を「二代の供養塔」としている

出典[編集]

  1. ^ a b 町域村々の領主支配の変遷 (1) 村々の所領状況 大網村(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 家康の関東支配と上総武士の去就 (2) 三浦監物の町域支配 大網村(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  3. ^ a b 五輪塔・宝篋印塔(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ 大網陣屋 (pdf)”. 千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋. 千葉県教育振興財団. p. 82 (2013年3月). 2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]