酒井忠貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
酒井忠貫
Sakai Tadatsura.jpg
酒井忠貫像(京都大学総合博物館蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦2年11月21日1752年12月26日
死没 文化3年1月12日1806年3月1日
改名 藤太郎、数太郎(幼名)→忠貫
戒名 本覚院殿
墓所 福井県小浜市男山の空印寺
官位 従五位下、従四位下、修理大夫
幕府 江戸幕府
若狭小浜藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠与、母:西村氏
兄弟 忠貫遠藤胤相船越景範高木正直
正室:伊達宗村の娘、継室:久我通兄の娘
継室:大炊御門家孝の娘(久我信通の養女)
忠望忠順、養子:忠進
空印寺の墓

酒井 忠貫(さかい ただつら)は、若狭小浜藩の第9代藩主。小浜藩酒井家10代。

宝暦2年(1752年)11月21日、第8代藩主酒井忠与の長男として江戸牛込藩邸にて生まれる。宝暦12年(1762年)、父の死去により跡を継いだ。宝暦13年(1763年)に従五位下、修理大夫に叙任する。天明3年(1783年)から連年のように凶作が相次ぎ、それによる対応策、並びに復興のための資金で財政難に悩まされた。天明4年(1784年)、従四位下に昇進する。

寛政4年(1792年)、ラクスマン来航の際には、根室の防備を務めた。文化3年(1806年)1月12日に死去した。享年55。

次男の忠順は若年のため、養子の忠進が跡を継いだ。