酒井忠国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井 忠国
時代 江戸時代前期
生誕 慶安4年(1651年
死没 天和3年1月11日1683年2月7日
改名 勝之助(幼名)→忠国
別名 忠栄
戒名 静修院殿厚安忠国大居士
墓所 東京都港区愛宕の青松寺
官位 従五位下、越前守、大和
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
安房勝山藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠朝、母:おまん(松平定行の娘)
兄弟 忠国忠雄野々口為重松平定安
正室:毛利就隆の娘
忠胤忠成

酒井 忠国(さかい ただくに)は、安房勝山藩の初代藩主。

生涯[編集]

酒井忠朝の四男。寛文8年(1668年)6月13日、若狭小浜藩主の叔父酒井忠直から1万石を分与されて、勝山藩主となる。同年12月に叙任する。延宝2年(1674年)2月に水口城守衛を務め、延宝8年(1680年)12月には大番頭、そして大和守になった。天和元年(1681年)11月、奏者番寺社奉行を兼任する。天和2年(1682年)11月、安房国内、上野国内で5000石を加増された。天和3年(1683年)正月11日、33歳で死去し、跡を長男の忠胤が継いだ。