酒井忠武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠武(さかい ただたけ、1709年2月3日宝永5年12月24日) - 1731年9月21日享保16年8月21日))は、越前敦賀藩の第3代藩主。忠稠系小浜藩酒井家別家3代。第2代藩主・酒井忠菊の三男。母は堀田正休の娘。官位は従五位下。右京亮。

正徳5年(1715年)、忠菊の嫡子となって将軍・徳川吉宗御目見した。享保7年(1722年)、父の死により家督を継いだが、翌年の自邸での失火を理由に出仕を停止させられた。嗣子無くして享保16年(1731年)8月21日、24歳で死去した。法号は一運元利天梁院。家督は弟の忠香が継いだ。