酒井忠囿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井忠囿
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文10年12月1日1671年1月11日
死没 宝永3年9月8日1706年10月14日
改名 千熊丸(幼名)→忠囿
別名 与七郎(通称
戒名 宝光院殿崑山道琳大居士
墓所 福井県小浜市男山の空印寺
官位 従四位下、靭負佐
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
若狭小浜藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠隆、母:島津綱久の娘
兄弟 忠囿、亀姫(毛利吉就室)、島津惟久
正室:土井利益の娘
養子:忠音
テンプレートを表示
空印寺の墓

酒井 忠囿(さかい ただその)は、若狭小浜藩の第4代藩主。小浜藩酒井家5代。

第3代藩主酒井忠隆の長男。貞享3年(1686年)、父の死去により家督を継いだ。元禄10年(1697年)、病気のため辞退した水野勝種に替わって、美作津山藩森長成が徐封となった津山城の受け取りを、松平直明と共に務める[1]。宝永3年(1706年)9月8日、嗣子無くして小浜で死去した。享年37。このため、分家の敦賀藩から忠音を養嗣子に迎えて家督を継がせた。

脚注[編集]