酒井忠嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井忠嗣
時代 江戸時代後期
生誕 寛政7年(1795年
死没 嘉永4年9月11日1851年10月5日
改名 安之助(幼名)→忠嗣
別名 与十郎(通称
墓所 東京都港区愛宕青松寺
官位 従五位下、大和守、安芸守、越前
幕府 江戸幕府 大坂加番、大番頭奏者番
主君 徳川家斉家慶
安房勝山藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠和
兄弟 忠美、忠嗣
正室:酒井忠実の娘
長男、忠一、娘(森忠徳正室)

酒井 忠嗣(さかい ただつぐ)は、安房勝山藩の第7代藩主。

寛政7年(1795年)、第6代藩主・酒井忠和の次男として江戸で生まれる。文化7年(1810年)7月に長兄の忠美(忠貞)が早世し、10月に父も死去したため家督を継いだ。12月には従五位下、大和守に叙任する。

文化13年(1816年)に大坂加番に任じられ、文政2年(1819年)8月に大番頭弘化5年(1848年)1月には奏者番に任じられるなど、重職を歴任した。

嘉永4年(1851年)9月11日に死去した。享年57。跡を次男の忠一が継いだ。