酒井忠弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠弘(さかい ただひろ、1868年8月8日(明治元年6月20日[1])- 1936年昭和11年)1月19日[2])は、明治・大正期の政治家華族貴族院男爵議員。幼名・鉄太郎[3]

経歴[編集]

姫路藩主・酒井忠績の長男として生まれる[1][3][4]1889年5月、忠弘に改名[3]。父の死去に伴い、1895年11月22日、男爵を襲爵した[1][5]

1897年7月、貴族院男爵議員に選出[6]1901年7月19日、華族の礼遇が停止され[7]、同年7月24日に貴族院議員を辞職した[2][8]1920年6月15日、男爵を失爵した[9]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、642頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』72頁。
  3. ^ a b c 『大日本華族大鑑』235頁。
  4. ^ 『人事興信録』〔初版〕、967頁。
  5. ^ 『官報』第3723号、明治28年11月25日。
  6. ^ 『官報』第4219号、明治30年7月26日。
  7. ^ 『官報』第5414号、明治34年7月20日。
  8. ^ 『官報』第5419号、明治34年7月26日。
  9. ^ 『官報』第2374号、大正9年7月1日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録』〔初版〕、1903年。
日本の爵位
先代:
酒井忠績
男爵
姫路酒井家(忠績分家)
第2代
1895年 - 1920年
次代:
失爵