松平定盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定盛(まつだいら さだもり、寛永15年(1638年) - 延宝2年9月19日1674年10月18日))は、伊予国松山藩の世嗣。2代藩主松平定頼の長男。母は養仙院(京極高広の娘)。官位は従五位下、紀伊守、主計頭。

定勝系久松松平家宗家の嫡男として生まれ、慶安2年(1649年)に徳川家光に拝謁する。明暦元年(1655年)叙任するが、寛文2(1662年)に父の死と前後して廃嫡された。代わって、弟の定長が遺領を継いだ。延宝2年(1674年)、37歳で没した。