片桐氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片桐氏
家紋
かたぎりちがいたかのは
片桐違い鷹の羽[1]
本姓 清和源氏満快流[2]
家祖 源為基[2]
種別 武家
華族子爵
出身地 信濃国伊那郡片切郷
主な根拠地 近江国伊香郡高月村
著名な人物 片切景重
片桐且元
片桐貞昌(石州)
支流、分家 下條氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

片桐氏片切氏(かたぎりうじ、かたぎりし)は、日本の氏族の一つ。日本武家豪族鎌倉御家人国人領主大名旗本の氏族として知られる。清和源氏満快流[2]。一族は平安末期には河内源氏嫡流家の郎党として従軍した。この時期の当主としては『保元物語』にその活躍が記される片切景重(片桐小八郎大夫景重)が著名である。なお、「片切」はすでに『平治物語』『吾妻鏡』から「片桐」とも記されており、一般には区別されず、早くから併用されていた(『保元物語』には「方切」の当て字も見える)。



概要[編集]

平安時代後期に信濃国伊那郡片切郷(現・長野県上伊那郡中川村片桐近辺)を領した源為基に始まる豪族・片切氏の一族と伝える。

承久の乱の恩賞として、為頼の代に近江国伊香郡高月村(現・滋賀県長浜市)に所領を得て土着する。為頼の子孫にあたる戦国時代の当主片桐直貞は北近江の戦国大名である浅井氏の家臣となり、その子且元は浅井氏の滅亡後に賤ヶ岳の七本槍の一人として豊臣政権下で頭角を現し摂津国茨木に1万石を与えられて諸侯に列した。そして関ヶ原の戦いの後に大和国竜田藩へ移封され、大坂の陣の後には4万石に加増されるが、且元の子孝利には嗣子はなく、且元・四男為元が継ぐが後に断絶した。

一方、貞隆(且元の弟)は大和国小泉の地(奈良県大和郡山市小泉町)に1万石を与えられて小泉藩を立藩、後に加増され1万6千石となる。貞隆の子で小泉藩2代藩主となった貞昌(片桐石州)は茶人として名を馳せ茶道石州流の流祖として知られており、以後小泉藩主家は他家から2度養子を迎えたものの、断絶することなく幕末まで続き、明治維新後は子爵に叙された。また、小泉藩初代藩主貞隆の庶子で3千石を分知された貞晴の家系、および2代藩主貞昌の長子で1千石を分知された下條信隆の家系は、代々旗本として存続した。

フェリーチェ・ベアトが元治元年(1864年)ころ愛宕山上から撮影した江戸のパノラマ写真には、真ん中に大和小泉藩片桐家上屋敷が写っている(『写真で見る江戸東京』『F.ベアト写真集』他[要文献特定詳細情報])。

資料に見る鎌倉御家人・信濃国人領主片桐氏[編集]

吾妻鏡』には景重の跡を継いだ為安(片切為安)が源頼朝本人から歓待されたこと、平家に没収されていた所領が20数年ぶりに返還されたことが記されている(寿永3年「1184年」6月23日の項)が、5年後に頼朝が上洛した際の随員名を記す幕府の半公式記録ともいうべき「吾妻鏡」の長大なリストの中に為安の名は見あたらない。

承久の乱において、片桐氏の一族は小笠原氏武田氏を主将として中山道を進んだ幕府軍の一部として上洛した。この時、片桐源太、太郎、又太郎は上皇方に包囲された京都守護伊賀光季の手勢として奮戦した。「片桐の三らう」(『承久記』「尾張の国にして官軍合戦の事」)が為安でないことは無論だが、一族である以外正確なことは不明である。

時代が下り、1400年応永7年)に信濃国守護小笠原長秀と北部の有力国人領主らが衝突した大塔合戦では、守護家に加勢した数少ない国人衆の一部としてその名が見える。小笠原家人が絶望的な篭城戦を行う中、小笠原氏の本拠地たる南信濃の国人として、長秀におそらくやむなく与力していたのであろう片桐一族は、頃合を見て戦線を離脱したようである。『大塔物語』には討ち死にした武士の中に片桐の名は見えない。

片桐氏の一族は、1441年(永享12年)の結城合戦では再び、守護小笠原家傘下に幕府派遣軍の一部をなした(『結城連番帳』)が、詳細は不明である。このほか、室町後期の片切氏の動向は、諏訪神社上社に残る古文書(『諏訪御符礼之古書』)から、伊那郡の国人領主として存続していたことが知られる。すなわち1458年長禄2年)「為長」の死去にともない、その子「為嗣」が相続、1488年長享2年)には「為偵」がこれに継いだ。これらはいずれも「」の通字を相伝している。

戦国時代に入って天文11年(1533年)、伊那は武田晴信(信玄)の侵攻を受ける。片桐氏を含む伊那衆は、鈴岡城小笠原信定の麾下に一旦は甲州勢を迎え撃つ構えを見せたが、南信の国人衆が次々に降伏あるいは滅ぼされる中、天文23年(1554年武田氏の信濃先方衆である松尾城主の小笠原信貴に倣う形で信玄の軍門に下った。その結果、片桐とその支流、飯島・上穂・赤須・大嶋の春近五人衆は合して五十騎の軍役に服したことが、1567年永禄10年)生島足島神社に提出された起請文に明らかである。ここでも「片切源七郎昌為」「片切為房」の「」の通字がある。

1582年(天正10年)、織田信長は嫡子信忠を先鋒として伊那郡に兵を進めた。『信長公記』には武田軍と連携してこれに対抗せんとする南信国人衆の活動が記されているが、支族の「飯島」「大島」「坐光寺」の名が頻出する一方、片桐政忠は討死し、その嫡男・片桐長公大島城に籠城して敗死した。この頃までには武田氏の旗下でこれら支族の威勢が本家を凌ぐに至っていた可能性がある。しかし、大島城は織田勢に対処するための下伊那の重要拠点として、武田家が天正年間に大幅な拡張修復を行った城であること、また『信長公記』は信長の武勇を伝えるための書物であり、征服地の正確な記録ではないことに留意が必要である。いずれにせよ、この年におよそ500年にわたって伊那谷一帯に根を張った信濃源氏片桐氏の本流は、主君武田氏の滅亡とともに帰農したとされる[3]

近世大名・片桐氏[編集]

豊臣家家老豊臣秀頼傅役を務めたことで著名な片桐且元は、近江に西遷した片桐氏支流・近江片桐氏の子孫である。系図に明らかなように、且元の子孫にも「為」の通し字が見られる。豊臣秀吉秀頼親子と徳川家康に仕えた且元は、片桐家を近世大名として確立、さらにその傍系も近世大名旗本として明治まで存続した。

一般に且元の家は、大坂夏の陣直後の且元の死によって断絶したと思われがちであるが、実際には大名として4代(2代孝利と3代為元は兄弟なので世代は3世代)、1655年まで続いている。改易の理由も、当主が嗣子無くして死去という最もよくあるものであり、4代為次は15歳で早世しているので、改易は驚くに当たらない。そもそも(減封されたとは言え)3代為元の相続に際しては、原則として禁止されていた末期養子を認められており、幕府にはむしろ優遇されたと言ってよい。改易後も為次の弟が大身旗本に取り立てられ、以後数代続いていることなどから見ても、片桐家は決して冷遇されてはいない。同じく「豊臣恩顧」と言われた加藤家や福島家が些細な理由から徳川秀忠の時代に改易されているのとは対照的といえる。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

参考史料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]