藩庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藩庁(はんちょう)とは、江戸時代幕藩体制から明治初期の府藩県制にかけての、役所を表す用語。語としてはの「県庁」等にあたる。

江戸時代の藩政の拠点のことを、明治時代以降に当てた用語である。類義語に藩府(はんぷ)があるが、この語は、江戸時代に藩が江戸に置いた役所をさすことがある。また、明治時代の府藩県三治制下で地方行政の区画として設置された、藩の知藩事が政務を行う役所のこと[1]

江戸時代の藩の藩庁は、大名の居城や居所のことで、屋敷に設置して大名が支配する領内の行政業務を執り行う。城持大名以上の藩は城に、城主格以下の城主格と無城大名の藩は城を構えることが許されなかったことから、領内に屋敷を置いて藩庁とした。こうした無城大名の屋敷のことを俗に陣屋というが、江戸時代では居所や在所と称した[2]。なかには、藩庁を設けない藩もあった。藩庁を中心に栄えた町を陣屋町といい、城の場合は城下町と呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ 根岸茂夫執筆、林英夫監修、天野出版工房編『音訓引き 古文書字典』柏書房、2004年、ISBN 978-4-7601-2471-8
  2. ^ 西ヶ谷恭弘ほか著『城郭の見方・調べ方ハンドブック』東京堂出版、2008年、ISBN 978-4-490-20636-4

関連項目[編集]