片桐貞芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片桐 貞芳(かたぎり さだよし、元文5年2月8日1740年3月5日) - 文化2年6月18日1805年7月14日))は、大和国小泉藩の第6代藩主。

第5代藩主片桐貞音の長男。母は木下公福の娘。正室は脇坂安興の娘、継室は毛利聚の娘。子は片桐貞彰(長男)、酒井政和(三男)、本多繁文(四男)、馬場利光(五男)、本多貞幹(七男)、片桐幹之(八男)、小笠原長栄(九男)、娘(松平堯賢養女)、娘(戸川逵邦正室)。官位は従五位下、石見守。

幼名は孫之丞。初名は貞陳寛延3年(1750年)5月29日、父の死去により跡を継ぐ。宝暦6年(1756年)10月1日、将軍徳川家重御目見する。同年12月18日、従五位下・石見守に叙任する。明和6年(1769年)2月、摂津国菟原郡内などの領地を和泉国泉郡内に移される。天明7年12月8日(1788年)、家督を長男の貞彰に譲って隠居し、文化2年(1805年)6月18日に66歳で死去した。法号は松寿軒学叔宗習居士。墓所は東京都品川区北品川の東海寺にある。