内海町 (広島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 広島県 > 福山市 > 内海町 (広島県)
内海町
—  町丁  —
内海大橋。手前右から奥が田島
内海町の位置(広島県内)
内海町
内海町
座標: 北緯34度21分2.3秒 東経133度17分10.5秒 / 北緯34.350639度 東経133.286250度 / 34.350639; 133.286250
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 広島県
市町村 福山市
等時帯 JST

内海町(うつみちょう)は、広島県福山市である。

かつて1955年3月31日沼隈郡内海町として町制施行した町であり、2003年2月3日芦品郡新市町とともに福山市へ編入され町制は廃された。

概要[編集]

内海町の目安

面積約12.6km2瀬戸内海のほぼ中央、沼隈半島の南約0.5kmに浮かぶ、有人島の田島横島、無人島の矢ノ島・当木島から構成される[1]

沼隈郡田島村・横島村の間は坊地瀬戸と呼ばれる海峡で隔たれていたところ、1951年(昭和26年)睦橋が完成したことにより繋がり、これで合併機運が高まることになり1955年3月31日両村は合併し内海町が誕生した[2]。1989年(平成元年)内海大橋完成により本州側と繋がり、それまで自然豊かな漁村であったこの町は、海洋レジャー・レクリエーション拠点として整備が進んだ[1]。2003年2月3日平成の大合併時に福山市と合併し町制は廃された。

近年、特徴的な地域活性化事業として婚活事業が挙げられる。発想は、田島と横島の姿が魚がキスをしている様に見えることからで[3]、2013年から地元の地域活性化団体を中心に事業展開している[4]

沿革[編集]

うつみちょう
内海町
廃止日 2003年2月3日
廃止理由 編入合併
新市町内海町福山市
現在の自治体 福山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
沼隈郡
団体コード 34481-8
面積 12.67km²
総人口 3,468
(2002年3月31日)
町の木 ウバメガシ、アンズ
町の花 スイセン
内海町役場
所在地 722-2632
広島県福山市内海町ロ2976
外部リンク 福山市ホームページ
特記事項 町役場のデータは福山市内海支所のものである
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

地理[編集]

[編集]

  • 高山(田島、標高328.8m)
  • 王城(横島、標高250m)
  • 切石山(横島、標高228m)
  • 鳶ガ巣山(横島、標高207.2m)
  • 内浦山(田島、標高202m)

[編集]

  • 当木島(無人島)
  • 田島
  • 横島
  • 矢ノ島(無人島)

名所・旧跡[編集]

島の南西海岸にある横山海水浴場
シーパーク大浜
石切山山頂展望台

産業[編集]

  • 漁業が主産業。農業は平地がほとんどないことからみかん栽培が行われている。

大字[編集]

  • 田島・横島両村の対等合併で成立した町であるが、大字は編成されていない。

交通(2003年2月2日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道

町内は一切通っていない。

主要地方道
一般県道

港湾[編集]

内海大橋開通を契機に旅客船は全廃され、現在は旅客船の発着する港はない。

教育(2003年2月2日当時のデータ)[編集]

小学校
  • 内海町立内浦小学校
  • 内海町立内海小学校
中学校
  • 内海町立内海中学校

備考[編集]

  • 内海町と芦品郡新市町は広島県及び中国地方では平成の大合併で初めて消滅した自治体となった。
  • 広島県にはかつてもう一つ賀茂郡に「内海町」という自治体が存在したが、こちらは「うちのうみ/ちょう」と読んでいた。但し、1944年に賀茂郡安浦町(→豊田郡安浦町→呉市)へ移行したため沼隈郡内海町と併存することはなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 内海町 ~UTUMI-CHO~”. 内海町観光協会. 2016年3月11日閲覧。
  2. ^ 睦橋 (PDF)”. 広島県. 2016年3月11日閲覧。
  3. ^ 睦橋”. カンパイ!広島県. 2016年3月11日閲覧。
  4. ^ 福山市キーワードモデル事業「活力(地域力アップ)」”. 総務省 地域力創造グループ. 2016年3月11日閲覧。
  5. ^ a b c d 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]