山岸徳平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山岸 徳平
人物情報
生誕 (1893-11-25) 1893年11月25日
日本の旗 日本
新潟県西蒲原郡(現新潟市西蒲区・旧西川町
死没 (1987-05-22) 1987年5月22日(93歳没)
出身校 東京高等師範学校
学問
研究分野 国文学
研究機関 東京教育大学
実践女子大学
中央大学
称号 東京教育大学名誉教授
主要な作品 『堤中納言物語評釈』
『河内本源氏物語研究序説』
日本古典文学大系『源氏物語』
『山岸徳平著作集』全五巻
テンプレートを表示

山岸 徳平(やまぎし とくへい、明治26年(1893年11月25日 - 昭和62年(1987年5月22日[1]は、日本国文学者中古文学専攻東京教育大学教授、実践女子大学教授、中央大学教授などを歴任。

人物[編集]

新潟県西蒲原郡(現新潟市西蒲区・旧西川町)生まれ。実践女子大学学長、教授。東京教育大学名誉教授。中古文学会初代会長。

1938年、宮内庁図書寮(のちの宮内庁書陵部)で『とはずがたり』を発見した(書籍目録では地理に分類されていたのを書名から訝しく思い、探し出したという)。

著作に『堤中納言物語評釈』、『河内本源氏物語研究序説』、日本古典文学大系『源氏物語』、『山岸徳平著作集』全五巻など。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  1. 日本漢文学研究
  2. 和歌文学研究
  3. 物語随筆文学研究
  4. 歴史戦記物語研究
  5. 説話文学研究

編著・共著[編集]

  • 源氏物語研究』島津久基共著 新潮文庫、1938年
  • 『平安文学研究』編 有朋堂、1948年
  • 『ローマ字で引く国語新辞典』福原麟太郎共編 研究社辞書部、1952年、新装版2010年
  • 『半井本保元物語と研究』高橋貞一共編著 未刊国文資料刊行会、1959年
  • 『常用新辞林』高橋書店、1960年
  • 平治物語(九条家本)と研究』高橋貞一 未刊国文資料刊行会、1960年
  • 『清水新国語辞典』清水書院、1961年、他に清水新漢和辞典がある
  • 『日本漢文学史論考』 岩波書店、1974年
  • 『日本文学研究のために』 新典社、1977年
  • 『作品中心日本文学史』 新典社、1984年

校注等[編集]

記念論集[編集]

  • 中古文学論考 山岸徳平先生をたたへる会 有精堂出版、1972年
  • 日本文学の視点と諸相 山岸徳平先生記念論文集刊行会 汲古書院、1991年

栄典[編集]

勲二等瑞宝章

エピソード[編集]

「トッペイ先生」「トッペイさん」などの愛称があり、本を探していると気軽に声をかけてくれる気さくな先生だった。

高等師範学校時代は徒歩部(今の筑波大学陸上競技部)に所属していた。先輩に金栗四三がおり、一緒にマラソン選手として数々の大会に出場した。気分転換にはマラソンをした。なお、大日本体育協会評議委員、全日本陸上競技連盟理事、全国マラソン連盟副会長でもあった。

富士山には100回以上登っている。

脚注[編集]

  1. ^ 山岸徳平先生記念論文集刊行会 『山岸徳平先生記念論文集 日本文学の視点と諸相』坂本健彦、1991年5月22日、3-5頁。 
  2. ^ 『実践女子学園創立120周年記念写真集』学校法人実践女子学園、2019年5月1日、113頁。 
  3. ^ 『創立120周年記念 実践女子学園史(1999~2018)』学校法人 実践女子学園、2020年3月31日、396頁。 
  4. ^ 『創立120周年記念 実践女子学園史(1999~2018)』学校法人 実践女子学園、2020年3月31日、430頁。 
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁

参考文献[編集]

  • 久保木哲夫「山岸徳平先生―博覧強記の人―」『むらさき』第41輯 2004年12月