大山敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大山 敏子(おおやま としこ、1914年 - 1978年)は、英文学者。シェイクスピア専攻。

東京生まれ。津田塾大学教授を務め、シェイクスピアについての著書、翻訳を刊行した。夫はやはりシェイクスピア学者の大山俊一。かつて旺文社文庫のシェイクスピア作品は、大山夫妻の訳で占められていた。大山訳は上演用ではなく、地口などを訳さず注をつける勉強用の翻訳だった。

著書[編集]

  • シェイクスピアの心象研究(篠崎書林、1953年)
  • 女性と英文学(篠崎書林、1955年)
  • 英語修辞法(篠崎書林、1956年)
  • シェイクスピアの喜劇 言葉と主題(篠崎書林、1965年)
  • シェイクスピアと愛の伝統(研究社出版、1976年)

訳書[編集]

シェイクスピアの戯曲
その他
  • リチャード二世におけるシェイクスピアの調和の心象(リチャード・オールティック/篠崎書林、1957年)

記念論集[編集]

  • 英米の文学と言語 大山俊一先生・大山敏子先生還暦記念論集(篠崎書林、1981年)