浦松佐美太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浦松 佐美太郎(うらまつ さみたろう、1901年10月1日 - 1981年12月23日)は、日本ジャーナリスト登山家評論家。今日では本業のジャーナリストとしてよりも、登山家・山岳作家としての仕事で知られている。

来歴[編集]

東京商科大学(現・一橋大学)卒業。ロンドンに留学して近代登山に出会い、帰国後『たった一人の山』(1941年刊)などで山岳紀行に新生面を開く。

ジャーナリストとしては日本太平洋問題調査会に参加し、1929年京都で開かれた「太平洋会議」(太平洋問題調査会の国際会議)の後、その争点を検討する「東京政治経済研究所」を蝋山政道松本重治牛場友彦らとともに設立し、近衛文麿の外交問題ブレインを形成した。

吉川英治を評価して「国民文学」と呼んだ人でもある。

著書[編集]

  • たつた一人の山 文藝春秋社 1941 のち文庫、平凡社ライブラリー
  • 山日 文藝春秋新社 1946
  • 食後の教養 四季社 1951
  • 暮しのなかで考える 暮しの手帖社 1959

翻訳[編集]

  • 支那と農業と工業 R・H・トーネイ 牛場友彦共訳 岩波書店 1935
  • アルプス登攀記 E・ウィムパー(エドワード・ウィンパー) 岩波文庫(上下) 1936、のち改版
  • エヴェレスト その人間的記録 ウイルフリッド・ノイス 文藝春秋新社 1956
  • 積みすぎた箱舟 ジェラルド・ダレル 暮しの手帖社 1960 のち講談社文庫、学術文庫
  • 海への挑戦 ジョン・リッジウェイ、チェイ・ブリス 河出書房 1967
  • 大日本帝国の崩壊 ウィリアム・クレイグ 河出書房新社 1968