ジェラルド・ダレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェラルド・ダレル(Gerald Malcolm Durrell、1925年1月7日 - 1995年1月30日)は、イギリスノンフィクション作家ナチュラリスト、動物保護家。

鉄道技師だった父の任地インドジャムシェドプールで生まれる。長兄はロレンス・ダレルで、4人兄弟の末弟(ほか姉1人)。1928年に父が死去、ロンドンへ戻るが、1935年から1939年まで母や兄とギリシャコルフ島で過ごし、ジャン・アンリ・ファーブルの『昆虫記』に影響を受ける。第二次世界大戦が起きてロンドンへ戻り、病気のため兵役を免れ、ホイップスネード・パーク動物園で飼育係となる。戦後、英領カメルーン英領ギアナなどで動物狩りをし、1953年最初の著書『積みすぎた箱舟』を刊行、1956年『虫とけものと動物たち』で作家としての名声を確立、夫人とともにアルゼンチンや東南アジアにも行く。1959年、チャネル諸島ジャージー島に「ジャージー動物園」を設立する。1963年、ジャージー野生動物保護財団を設立する。

日本では浦松佐美太郎が『積みすぎた箱舟』を1960年に訳し、以後もぼつぼつ翻訳されてきたが、1974年に池澤夏樹が『虫とけものと動物たち』を訳すと広く知られるようになり、以後も主著を池澤が訳した。

著書[編集]

  • The Overloaded Ark 1953年
    『積みすぎた箱舟』浦松佐美太郎訳、暮しの手帖社、1960年、のち講談社文庫、学術文庫(「カメルーン動物記」副題)
    『積みすぎた箱舟』羽田節子訳 福音館文庫、2006年
  • The Bafut Beagles 1954年
    『西アフリカの狩人 アフリカ原野に珍獣を獲える』竜岡豊訳、池田書店、1966年、のち筑摩書房
  • Three Singles to Adventure 1954年
    『アドベンチャーへの片道切符』佐藤百合子訳、評論社、1973年
  • The New Noah 1955年
    『動物いけどり作戦』白木茂訳 文研出版、文研児童読書館、1970年
    『新しいノアの箱舟』渡辺栄一郎訳 芳賀書店、1973年
  • My Family and Other Animals 1956年
    『虫とけものと家族たち』池澤夏樹訳、集英社、1974年、のち文庫
  • The Drunken Forest 1956年
    『動物たちの森』小野章訳 評論社、1976年
  • Encounters with Animals 1958年
    『動物たちとのめぐりあい』小野章訳 評論社、1977年、児童図書館・文学の部屋
  • A Zoo in My Luggage、1960年
    『私の動物園』小野章訳 評論社、1977年 児童図書館・文学の部屋
  • The Whispering Land 1961年
    『囁く国の動物たち』川口正吉訳、月刊ペン社、1971年
  • Menagerie Manor 1964年
    『動物の館』鈴木主税訳、至誠堂、1968年
  • Two in the Bush 1966年
    『ダレルの動物散歩』川口正吉訳、月刊ペン社、1970年
    「長い白雲の国」川口正吉訳『ノンフィクション全集 7』筑摩書房、1974年
  • The Donkey Rustlers 1968年
    『ろば18ぴきゆうかい作戦』小野章訳 講談社 世界の児童文学名作シリーズ、1972年
  • Birds, Beasts, and Relatives 1969年
    『鳥とけものと親類たち』池沢夏樹訳 集英社、1977年、のち文庫
  • The Talking Parcel 1974年
    『小包が運んできた冒険』小野章訳、評論社、1977年、児童図書館・文学の部屋
  • The Garden of the Gods 1978年
    『風とけものと友人たち』池沢夏樹訳 集英社 1984年
  • Ark on the Move 1982年
    『ナチュラリスト志願』リー・ダレル共著 日高敏隆今泉みね子訳 ティビーエス・ブリタニカ 1985年
  • The Ark's Anniversary 1990年
    『方舟記念日』片岡しのぶ訳 河出書房新社 1992年