昆虫記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

昆虫記』(こんちゅうきフランス語Souvenirs entomologiques1879年 - 1907年)は、ジャン・アンリ・ファーブル(1823-1915)の代表作。世界各国で翻訳されており、日本でも『ファーブル昆虫記』として親しまれている。

概要[編集]

日本ではファーブル昆虫記として、作者の名を冠して流布されることが多い。昆虫の習性に関する読み物として、非常に広く読まれている。この本は第1巻が1878年の出版で、以降約30年にわたって全10巻で出版されたものである。内容は、彼が若いときから手がけたさまざまな昆虫の習性、およびそれを知るための彼の行った研究について記した物である。ただし研究論文のような体裁はとらず、読み物的な語り口と、擬人化した表現が多い。

この本は科学書ではなく、むしろ一般的な読み物として評価が高くなり、ロマン・ロランメーテルリンクなども愛読者であったという。彼は最晩年に高い評価を得、その偉業をたたえる記念式典が1910年に行われたが、それらはこの著書のためである。その内容には科学的に重要なものも数多いが、彼がノーベル賞候補に上がったとき、その対象は文学賞であった。

内容[編集]

昆虫記の内容は、主としてさまざまな昆虫の生態観察とその結果である。非常に広範囲の昆虫が扱われ、他にサソリクモなど昆虫でないものについても少数ながら取り上げている。特にハチ類と糞虫に関するものが多い。これは彼の興味の中心であり、特に複雑で興味深い行動が見られたためであろう。しかしそれほど複雑な習性を持たない昆虫にも多く触れており、特に後半はそれが増えているのは、対象として扱って面白い昆虫が身の回りからいなくなったためとも言われる。

また、昆虫に関係しつつもそれを主題としない章、たとえば回想や進化論批判を取り上げた章もある。

訳書[編集]

  • ジャン・アンリ・ファーブル 『ファーブル昆虫記 完訳』 奥本大三郎訳、全10巻(20分冊)、集英社、2005年-2017年、(1巻分を上・下に分冊)。
  • 『完訳 ファーブル昆虫記』(新版)、山田吉彦林達夫訳、全10巻、岩波書店 1989年/岩波文庫、1993年
  • 『ファーブルの昆虫記』 大岡信編訳 岩波少年文庫(上下)、2000年-青少年向けは、以下の他にも、複数の出版社で刊行。
  • 『ファーブル昆虫記』 奥本大三郎編訳、集英社 全8巻/集英社文庫 全6巻、1996年  
青少年向け。単行版の装画安野光雅、文庫版は鳥山明、なお各・最終巻は、奥本大三郎による伝記「虫の詩人の生涯」。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]