奥本大三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥本 大三郎(おくもと だいさぶろう、1944年3月6日 - )は、フランス文学者エッセイスト埼玉大学名誉教授、NPO日本アンリ・ファーブル会理事長、虫の詩人の館(ファーブル昆虫館)館長。 大阪府貝塚市出身。

来歴・人物[編集]

大阪市生まれ。大阪府貝塚市で育つ。岸和田高等学校から東京大学文学部仏文学科卒、同大学院修了。横浜国立大学助教授をへて(1988年)、1990年埼玉大学教養学部教授。2009年同大学名誉教授、2010年より大阪芸術大学文芸学科教授。2014年退職。1991年より2010年まで日本昆虫協会会長、2002年より日本アンリ・ファーブル会理事長、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長。

フランス文学研究・教育に携わる。専門はボードレールランボー等、19世紀フランス詩、一方で幼少期より虫を好み、昆虫に関するエッセイなどの著書・翻訳が多い。『ジュニア版ファーブル昆虫記』(集英社・全8巻)翻訳に続き、『完訳版ファーブル昆虫記』(集英社・全10巻・20冊)を十数年かけ刊行した。

養老孟司池田清彦とは昆虫採集の趣味を通じて親交があり、鼎談や共著書がある。 サントリー学芸賞、同世界愛鳥基金選考委員。

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著・編著[編集]

  • 『百蟲譜』(編著)、弥生書房、1984
  • 『虫魚の交わり』荒俣宏共著、平凡社、1986
  • 『虫のいい虫の話』光瀬龍共著、リヨン社、1986
  • 『フランス文学史』(共著)白水社
  • 『三人寄れば虫の知恵』養老孟司池田清彦共著、洋泉社、1997(のち新潮文庫)
  • 『男と女、二つの"性"がある理由』長谷川眞理子共著、産経新聞出版、2006
  • 『虫捕る子だけが生き残る』養老孟司、池田清彦共著、小学館101新書、2008

監修[編集]

  • 『ぼくらの昆虫採集』養老孟司、池田清彦共同監修、デコ、2011

翻訳[編集]

  • ジュニア版 ファーブル昆虫記』全8巻、集英社、1991(集英社文庫 全6巻 1996)、簡約版(台湾版、中国版、韓国版あり)
  • 完訳版 ファーブル昆虫記』全10巻(20分冊)、集英社、2005-2017
  • サン=テグジュペリ星の王子さま白泉社、2007
  • C・ヴィルマン他『虫の肖像』東洋書林、2008
  • J・F・M・クラーク『ヴィクトリア朝の昆虫学』東洋書林、2010
  • S・ピーター・ダンス『博物誌 世界を写すイメージの歴史』東洋書林、2014
  • クリストファー・マーレー『世界一うつくしい生物図鑑 かたちと色、その不思議』監修 世界文化社 2016
  • イヴ・カンブフォール『ファーブル驚異の博物学図鑑』瀧下哉代共訳 エクスナレッジ 2016

出演メディア[編集]

テレビ・ラジオ等[編集]

外部リンク[編集]