田中一昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一昭(たなか かずあき、1936年9月24日[1] - )は、日本の政治学者。専門は行政管理・改革。

現在は、財団法人大学基準協会専務理事、拓殖大学地域行政研究科客員教授。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『官僚亡国論 ―「官」にあって「官」と闘う― 』(講談社、2008年)
  • 『道路公団改革、偽りの民営化』(WΛC 、2004年 )

共著[編集]

  • 岡田彰『信頼のガバナンス―国民の信頼はどうすれば獲得できるのか』(ぎょうせい、2006年)
  • 日下公人,野田一夫ほか 『今、日本の大学をどうするか 』(自由国民社、2003年)

編著[編集]

部分執筆[編集]

  • 「行政改革」(日本財団編『決定版 日本再生へのトータルプラン』(朝日新聞社 、2001年))
  • 「国鉄改革に挑んだ主任調査員の着眼点を語る」(増島俊之小林秀徳共編『証言 大改革はいかになされたか』』(ぎょうせい 、2001年))
  • 「政府機構と公務員制度改革」(並河信乃編『検証 行政改革 ―行革の過去・現在・未来― 』(イマジン出版、2002年))
  • 「三公社の民営化」(世界平和研究所『中曽根内閣史(第1巻)』(中央公論事業出版、1995年))
  • 『規制緩和と企業経営』(総合法令、1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.327

外部リンク[編集]