金子譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子譲
生誕 1939年2月[1]
横浜市[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 外科系歯学/歯科麻酔学
研究機関 東京歯科大学
出身校 東京歯科大学
主な受賞歴 日本歯科医学会会長賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

金子 譲(かねこ ゆずる、1939年2月[1] - )は、日本歯科医師歯学者。元東京歯科大学理事長[2]、元学長。 元東京歯科大学歯科麻酔学講座教授。元日本歯科麻酔学会理事長[3]

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身。1964年に東京歯科大学、1968年に同大学院修了後、同大学歯科麻酔学講座にて助手講師助教授を務め、1987年より教授に就任[3]。2004年より2011年まで東京歯科大学学長、2011年より2014年まで同理事長[4]

1968年 東京歯科大学 歯学博士 論文の題は 「骨折ならびに骨髄炎における血管像の変化に関する実験的研究」[5]

所属学会[編集]

著書[編集]

論文[編集]

和文総説[編集]

和文解説[編集]

和文原著[編集]

英文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 金子譲「歯科麻酔の国際化を願って (PDF) 」 『Anesthesia 21 Century』第9巻第3号、丸石製薬大阪府大阪市、2007年、 72頁、2011年10月11日閲覧。
  2. ^ 年表”. 東京歯科大学. 2018年7月22日閲覧。
  3. ^ a b c 金子譲『ハンドブック 歯科の局所麻酔 Q&A』医歯薬出版、2006年10月5日、著者略歴。ISBN 978-4-263-44231-9
  4. ^ 学校法人東京歯科大学理事長に金子譲常務理事、東京歯科大学学長に井出吉信教授が就任”. 2011年10月11日閲覧。
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 日本歯科麻酔学会役員一覧”. 日本歯科麻酔学会. 2011年10月11日閲覧。
  7. ^ a b c d 金子 譲 【研究者】”. J=GLOBAL. 科学技術総合リンクセンター. 2011年10月11日閲覧。