楫取道明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六氏先生の写真。楫取道明は前列中央。

楫取 道明(かとり みちあき、安政5年5月27日1858年7月7日) - 明治29年(1896年1月1日)は、日本の教育者。楫取素彦(小田村伊之助)と最初の妻・寿吉田松陰の妹)との次男。台湾教育の祖。六氏先生の一人。

幼名は粂次郎(くめじろう)。幼少時に久坂玄瑞と文(松陰と寿の妹)夫婦の養子となり、玄瑞の死後に一時久坂家を継いだが、のち玄瑞の庶子の秀次郎が認知されて久坂家を継ぎ、粂次郎は生家に戻された。文はのちに美和子と改名し、寿の死後に楫取素彦と再婚した。

明治29年(1896年)1月1日、芝山巌事件で殺害された。同年1月13日、正五位を贈られた[1]

家族・子孫[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3761号、1896年1月15日