六氏先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
学務官僚遭難之碑

六氏先生(ろくしせんせい/りくしせんせい)または六士先生は、日本統治時代台湾に設立された小学校、芝山巌学堂(しざんがんがくどう)で抗日事件により殺害された日本人教師6人のことである。

芝山巌事件[編集]

1895年明治28年)5月17日下関条約(馬関条約)により台湾が日本に割譲され、5月21日から日本による統治が始まると、当時文部省の学務部長心得だった伊沢修二は、初代台湾総督に就任した樺山資紀に「(台湾の統治政策の中で)教育こそ最優先すべき」と教育の必要性を訴え、同年6月、日本全国から集めた人材7名を連れて台湾へ渡り、台北北部の芝山巌恵済宮という道観の一部を借りて同年7月に芝山巌学堂という小学校を設立した。

最初は生徒6人を集め、台湾総督府学務部長となった伊沢と教師7人の計8人で日本語を教えていた。次第に周辺住人に受け入れられ、同年9月20日には生徒数が21人になり甲、乙、丙の3組に分けて授業を行っていた。

その頃、能久親王が出征中の台南(後の台南神社境内)で薨去し、それに伴い伊沢と1人の教師(山田耕造)は親王の棺とともに日本本土に一時帰国した。

その伊沢の帰国中に事件は起こる。

1895年の暮れになるとふたたび台北の治安が悪化し、日本の統治に反対する勢力による暴動が頻発すると、周辺住人は教師たちに避難を勧めたが、彼らは「死して余栄あり、実に死に甲斐あり」と教育に命を懸けていることを示し、芝山巌を去ろうとはしなかった。

Rokushi-sensei.jpg

1896年(明治29年)1月1日、6人の教師と用務員(小林清吉)が元旦の拝賀式に出席するために生徒を連れて船着場に行ったが、前日からのゲリラ騒ぎで船が無く、生徒達を帰して芝山巌に戻った。再び芝山巌を下山しようとした時、約100人の抗日ゲリラ(日本側で言う匪賊)に遭遇した。教師たちはゲリラたちに説諭したが聞き入れられず、用務員の小林を含む7人全員が惨殺された。ゲリラ達は、日本人の首を取ったら賞金が貰えるとの流言から襲撃を掛けたと言われており、6人の首級と用務員を襲って殺害した上に着衣や所持品を奪い、更に芝山巌学堂の物品も略奪した。この事件は、台湾にいた日本人を震撼させたのみならず、日本政府にも重要視され、丁重に葬儀を行うとともに、台湾統治の強化が行われた。芝山巌学堂は3ヶ月間の授業停止の後に再開された。

六人の教師の名前[編集]

「六氏先生」と呼ばれる6人の教師

事件のその後[編集]

六氏先生の墓

彼らの台湾の教育に賭ける犠牲精神は「芝山巌精神」と言われ、人々の間で語り継がれるようになった。

この「芝山巌精神」は当時の台湾教育者に多くの影響を与え、統治直後、総人口の0.5~0.6%だった台湾の学齢児童の就学率は1943年昭和18年)頃には70%にもなった。また終戦時には識字率が92.5%に登り、後に台湾が経済発展をする基礎となった。

1930年(昭和5年)には「芝山巌神社」が創建され、六氏先生をはじめ、台湾教育に殉じた人々が、1933年(昭和8年)までに330人祀られた(そのうち台湾人教育者は24人)。

境内には六氏先生を合葬する墓があり、また社殿の前には六氏先生を追悼して、伊藤博文揮毫による「学務官僚遭難之碑」(1896年7月1日建立)が建てられた。

毎年2月1日には慰霊祭が執り行われ、芝山巌は「台湾教育の聖地」と称された。

戦後[編集]

雨農閲覧室の額

終戦後、蒋介石をはじめとする外省人の中国国民党の者たちが中国本土から台湾に逃げて来て、台湾は日本色を一掃する中国国民党により芝山巌神社は破壊され、本殿跡には国民党軍統局副局長だった戴笠を記念する「雨農閲覧室」が建てられた。この時、神社の隣にあった恵済宮の住職は、六氏先生の墓跡から遺骨を密かに移し、無名の墓を造って祀っていた。

雨農閲覧室では、抗日運動の成果のひとつとして芝山巌事件を紹介する展示などが行われてきた。しかし、李登輝総統の下で台湾民主化の動きが進むと、芝山巌学堂が開かれて100年経った1995年平成7年)1月1日に芝山巌学堂の後身である台北市立士林国民小学の卒業生により、教育に命をかけた「六氏先生の墓」が再建され、2000年(平成12年)には「学務官僚遭難之碑」も復元された。

現在、周辺は芝山文化生態緑園として整備されており、自然観察をしたり、大石象、蝙蝠洞、太陽石、砲台跡、同帰所(芝山で亡くなった無縁仏の合葬施設)などを見て回ることができる。

六氏先生の歌[編集]

作歌:加部巌夫 作曲:高橋二三四

やよや子等 はげめよや
学べ子等 子供たちよ
慕へ慕へ 倒れてやみし先生を

歌へ子等 思へよや
すすめ子等 国のため
思へ思へ 遭難六氏先生を

六氏先生の墓へのアクセス[編集]

  • 台北捷運淡水線の士林駅(R16)から赤 : R のライン)、、MRT士林駅(R16)で下車。(お墓になにかお供えしたり、お水やお酒をかけたりしたい方は士林駅付近で購入することをおすすめします。芝山公園付近はコンビニエンスストア、雑貨屋等はありません。)ホームで中正路へ向かう出口をさがし、エスカレータを降り、中正路方面の出口へ。MRT士林駅の改札口を過ぎ中正路に着いたら、近くにあるバス停(横断歩道はわたりません。ドラッグストアチェーン:Watsonsの店の前にあるバス停です。「捷運士林站(中正)」という名のバス停です。「2016年8月現在」)から天母行き206番のバスに乗ります。
  • このMRT士林駅の中正路方面の出口から一番近いと思われるお花屋さんはMRT士林駅の中正路方面の出口より徒歩5分ほどの、中正路上に入口がある【華栄市場】にあるお花屋さんかと思われます。【華栄市場】入口はMRT士林駅中正路方面の出口を出たら、中正路を左に進みます。(六氏先生の墓へのバス停前のドラッグストアチェーン:Watsonsは反対の右側方向です。)「中正路と文林路の交差点」を過ぎると、「中正路と華栄街」T路地にたどり着くと思います。そこが【華栄市場】の入口です。(「以利泡泡冰」と「富邦銀行」の間の路地が【華栄市場】です。)その入口を進み、ずっとあきらめず進んで行くと右側に花屋さんが一軒あります。(ちなみに、黄色の菊の花は1本20元でした。6本を2束にしてもらって240元でした。「2016年8月」)
  • 【華栄市場】でお花を買われた方は、先ほどの【華栄市場】入口の「以利泡泡冰」の前の横断歩道を渡り、入口の向かいにある「士林國中」バス停から天母行き206番のバスに乗られてもかまいません。
  • MRT士林駅近くの捷運士林站(中正)バス停からだと6つ目のバス停の「恵済宮」で降りるのが最も近いです。5つ目の「芝山公園」バス停より、6つ目の「恵済宮」で降りるのが最も近いです。恵済宮」のバス停を降り少しバックすると、芝山公園の有名な大階段が見えます。そこをがんばって上がって行ってください。大階段を全部上がり、そのまた奥に行くと雨農閲覧室の建物があります。雨農閲覧室の建物には入らずその左にあるハイキングコースを歩き左側にある道教のお宮をさがしてください。その道教のお宮の左側に六氏先生の墓があります。
  • 士林國中バス停から天母行き206番のバスに乗られた方は7つ目のバス停の「恵済宮」で降りるのが最も近いです。
  • 夏は六氏先生のお墓付近は蚊が多いです。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]