日本李登輝友の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本李登輝友の会(にほんりとうきとものかい、Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan)は、日本国際交流団体

概要[編集]

李登輝台湾総統の来日支援などが契機となり、日台関係の強化と台湾の主体性確立を支持する有識者らを中心に、2002年12月15日に設立された。「李登輝氏の日台運命共同体理念に賛同し、新しい日台関係を構築する」(会則第3条)ことを目的としている。

東京に本部として事務局を置くほか、日本全国に25の支部、海外に1支部(ロサンゼルス)、台北事務所がある(2015年3月現在)。会員は、理事(約100名)、賛助会員、正会員、普通会員、学生会員から構成され、約2,500名とされる。

台湾側のカウンターパートは、2010年3月に発足した李登輝民主協会(蔡焜燦名誉理事長)。2015年12月には、黄天麟が会長を務める台日文化経済協会と姉妹提携を結んだ。

主な役員[編集]

主な活動内容[編集]

  • 講演会やイベントの開催
  • 機関誌『日台共栄』・メールマガジン(『日台共栄』)の発行
  • 台湾公式訪問団の派遣
  • 李登輝学校台湾研修団の実施---2004年以来、原則として毎年春秋に開催。延べ800人以上の団員を派遣。
  • 李登輝元総統来日の支援---会の発足以後、2015年の東京・福島・宮城訪問まで7度実現。2014年の訪日では初めて招聘元となり、2015年も窓口を担った。
  • 日台関係強化、台湾の国際的地位向上のための政治活動(日台姉妹都市提携の促進、台湾正名運動、署名活動、提言活動など)

注釈[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]