元谷外志雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もとや としお
元谷 外志雄
生誕 (1943-06-03) 1943年6月3日(73歳)
日本の旗 日本石川県小松市
別名 藤誠志
職業 実業家
肩書き アパグループ代表
配偶者 元谷芙美子
子供 元谷一志(長男)、元谷拓(次男)
公式サイト 元谷 外志雄

元谷 外志雄(もとや としお、1943年6月3日 - )は、日本実業家アパグループ代表。ペンネーム藤誠志。妻は元谷芙美子。長男の一志(いっし)はグループ統括会社のアパグループ株式会社代表取締役社長、次男の拓はアパホテル株式会社代表取締役専務[1]

経歴[ソースを編集]

石川県小松市生まれ。1962年石川県立小松高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部(通信制)に入学、後に中退。小松信用金庫(現・北陸信用金庫)に入庫。北陸に拠点を置く金融機関の労働組合の会合にて、福井信用金庫に勤務していた西川芙美子と知り合い、結婚する。9年後に退社し、注文住宅販売会社「信金開発株式会社」(のちアパ株式会社)を創業[2]。33歳でマンション事業を起業。現在、マンションやホテルレストラン事業などを中核とする14の企業から成るアパグループの代表。

自ら編集長を務める月刊誌『アップルタウン』(毎月5万5千部発行)に、「藤誠志」のペンネームで社会時評エッセイを執筆している。2008年田母神俊雄航空幕僚長を更迭される田母神論文問題の原因となった、『「真の近現代史観」懸賞論文』を主催。大賞にも自身のペンネームを冠している。

安倍晋三後援会安晋会」の副会長であり、またグループ主催の「日本を語るワインの会」には政財界の大物や自衛隊の関係者が参加している。他、ウェーブ産経(産経新聞の愛読者のクラブ)代表幹事、日本李登輝友の会理事、航空自衛隊小松基地金沢友の会会長などを務める。これらの活動から保守派財界人と評価されている。李登輝[3]金泳三[4]森喜朗[5]リチャード・アーミテージ[6]ドミトリー・プロホロフ[7]などと対談を行ったことがある。

著書[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]