柴田睦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 睦夫(しばた むつお、1928年7月28日 - 2013年4月26日)は日本弁護士政治家。元衆議院議員日本共産党公認、通算5期)。元静岡第一テレビアナウンサーの柴田将平NHK福岡放送局キャスターの柴田文子は孫にあたる。

来歴[編集]

福岡県三井郡立石村(現・小郡市)出身。旧制福岡高校東京大学法学部政治学科を経て、1954年弁護士を開業、東京合同法律事務所に入る[1]。弁護士時代は自由法曹団に所属し、松川事件[1]藤本事件[2]などの弁護団に加わった。この間、1956年には千葉市中央区に柴田睦夫法律事務所を開設、同法律事務所は後に千葉第一法律事務所と名を変え、現在に至る[3]

1972年の衆院選千葉1区から立候補し初当選。千葉県初の日本共産党代議士となった。以後衆議院議員を5期務めるが、1990年の衆院選にて落選したのを機に政界を引退する。地盤は現党幹部会委員長の志位和夫に譲る。

2013年4月26日、急性硬膜下血腫のため死去[4]。84歳没。

政歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 所属弁護士の紹介千葉第一法律事務所ウェブサイト
  2. ^ 藤本事件 専修大学法科大学院教授 弁護士 矢澤曻治
  3. ^ 事務所紹介千葉第一法律事務所ウェブサイト
  4. ^ 元衆院議員の柴田睦夫さん死去朝日新聞2013年5月2日閲覧

関連項目[編集]

参考文献[編集]