山崎釼二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山崎 釼二(やまざき けんじ、1902年9月19日[1] - 1958年1月31日[1][2])は、日本政治家衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

静岡県駿東郡御厨町(現:御殿場市)出身[1]1915年御殿場実業学校卒[注 1][2]。卒業後は満洲に渡り、満鉄に入るが[1]社会主義に関心を寄せ、満鉄を退職し、帰国した[1]。帰国後は東京帝国大学聴講生として通い[1]、帰郷。以後、農民運動の指導者になる[1]。この間、看護婦藤原道子と結婚した[3]。その後、労働農民党社会大衆党に入り[1][2]沼津市議、静岡県議を経て[1][2]1936年第19回衆議院議員総選挙において静岡2区(当時)から社会大衆党で立候補して初当選する。翌年の第20回衆議院議員総選挙でも再選。1942年第21回衆議院議員総選挙には立候補しなかった。同年、日本占領中のインドネシアに渡り、州知事となる[1]。敗戦により、1946年に帰国するが、戦後第1回の総選挙(第22回衆議院議員総選挙)には間に合わず、妻の道子が日本社会党公認で立候補した。しかし、インドネシア人女性とその間に生まれた子を連れての帰国だったため、道子は衝撃を受けた[4]。道子は当選したものの、道子は釼二との離婚を決意した。釼二も日本社会党に入り、翌年の第23回衆議院議員総選挙では釼二と道子は同じ静岡2区から立候補するが、釼二は無所属、道子は社会党から立候補し、選挙の結果、道子は当選、釼二は落選した。1950年に離婚が成立(道子はこの年から参議院に鞍替え)、釼二は翌1951年に沼津市議に再び当選[1]1952年第25回衆議院議員総選挙に社会党右派から立候補したが落選[5]、翌年、離党[1]。その後ブラジルに渡り、農園を開いた[1][2]。1958年同地で死去した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』648頁では「大正7年(1918年)卒」と記載。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』648頁
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』679頁。
  3. ^ 『新しき明日の来るを信ず-はじめての女性代議士たち』23頁
  4. ^ 『新しき明日の来るを信ず-はじめての女性代議士たち』19頁
  5. ^ 『新しき明日の来るを信ず-はじめての女性代議士たち』31頁

参考文献[編集]