鶴岡啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴岡啓一
つるおか けいいち
生年月日 (1940-05-18) 1940年5月18日(79歳)
出生地 千葉県千葉市(現千葉市中央区
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員自治省

当選回数 2回
在任期間 2001年7月1日 - 2009年5月1日
テンプレートを表示

鶴岡 啓一(つるおか けいいち、1940年昭和15年)5月18日 - )は、日本政治家官僚千葉市長(第24・25代)等を歴任。

概要[編集]

略歴[編集]

千葉県千葉市(現千葉市中央区)生まれ。千葉県立千葉第一高等学校(現千葉県立千葉高等学校)、東京大学法学部卒業。1963年自治省(現総務省)に入省した。本省での勤務の他建設省国土庁福島県山口県への出向を経験し、自治省大臣官房審議官を最後に退官。1994年4月、千葉市助役に就任し、2000年10月まで務める。

2001年6月、千葉市長選挙に自民公明保守3党の推薦で出馬し、初当選を果たした。2005年の市長選でも自民・公明2党の支持を受けて組織型選挙を展開し、再選。

2008年12月、千葉市議会本会議で次期市長選への不出馬を表明した。

2009年4月、千葉市が発注した公共事業で東京都内の建設会社に便宜を図った見返りに100万円を受け取った収賄の容疑で逮捕され、5月1日に千葉市長を辞職した。

鶴岡の辞職に伴う千葉市長選挙には、副市長の林孝二郎が事実上、鶴岡後継で出馬したが、林は民主党が擁立した熊谷俊人に敗れた。

2011年3月、東京地裁は収賄罪を認め、懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金200万円の判決を言い渡した[1]。鶴岡は控訴するも、2012年2月東京高裁は一審の判決支持、控訴を棄却した[2]。それに対し上告したが、2013年9月、最高裁により棄却され、一審・二審判決が確定した[3]

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “汚職事件で前千葉市長に有罪 市発注工事めぐり収賄”. 共同通信. (2011年3月17日). http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031701000287.html 2012年2月17日閲覧。 
  2. ^ “鶴岡被告、二審も有罪 深く一礼「上告する」 元千葉市長収賄”. 千葉日報. (2012年2月17日). http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/69172 2012年2月17日閲覧。 
  3. ^ “前千葉市長の有罪確定へ 200万円収賄、上告棄却”. 共同通信. (2013年9月5日). http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013090501000799.html 2013年9月6日閲覧。 

関連項目[編集]